71: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/28(月) 13:50:02.34 ID:Fn6VXTRY
アラフォーの私が高校生の頃。 
雪の日の夜に、自宅への道を歩いていると 
目の前にブリーフ1枚のおじいさんが現れた。 
何をするわけではないが、すごく息切れしていたこと、体から湯気が出ていたように見えたことは覚えている。 
明らかにやばい奴だと思って、足が震えた。 




人気記事(他サイト様)
逃げようにも、追いかけて来られるんじゃないかと思ったら足が動かなかった。 
すると、数メートル先の交差点にパトカーが止まり、3人の警察官がおりて走ってきた。
うち1人は女性だった。
パトカーを見たとたんに暴れだす(腕をぶんぶん振り回しながら地団駄を踏む感じ)おじいさん。
警察官は「暴れるな!」「落ち着け!」等と叫びながら、暴れるおじいさんを取り押さえ、手錠をかけてパトカーの中に押し込んだ。
パトカーの中でも暴れていたのか、パトカーがぐらぐら揺れていた。
女性の警察官から怪我がないかとか確認されたから、何もされていないと伝えた。
すると、女性の警察官が「良かった。あのおじいさん、家の中をめちゃくちゃにするほど暴れて、全部壊す!とか叫んでいなくなったらしいの。何もなくて本当に良かった」と言っていた。
書いてみると大した修羅場ではないな。

72: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/28(月) 14:25:57.16 ID:1acj1II9
いやけっこうな修羅場
じいさんがおとなしくなってたからよかったけど
下手したらボコられてたかも

78: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/28(月) 18:10:17.82 ID:FKZ1fDnu
>>71
結局そのおじいさんはなにか精神疾患でもあったの?

>>73
頭足りない人だと憐憫の目で見られるから、それ絶対リアルでは言わない方がいいよ<モテ期

82: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/28(月) 20:46:00.11 ID:Fn6VXTRY
>>78

もうとっくに亡くなってるらしいけど、変わった人ではあったらしい。
でも、詳しくはわからないんだ。
祖母の友達のご近所さんって感じ。






引用元 http://medaka.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1526627947/