822: 名無しさん@おーぷん 2017/04/25(火)20:50:29 ID:jim
自分の親が俗に言う毒親と気付いた時が修羅場だった

私が小学3年の頃には食事以外の家事は子供(4人兄妹)達で分担制
ちなみに母親は専業主婦
朝5時に起きて掃除洗濯をしてからじゃないと学校に行かせてもらえない

週に7日毎日習い事で埋まってて放課後に友達と遊んだことはない
後になって聞いたけど習い事させてたのは無駄な人間関係を築かせない為
同じ理由で携帯持つのもゲームも高校卒業するまでNGだった


人気記事(他サイト様)
823: 名無しさん@おーぷん 2017/04/25(火)20:51:10 ID:jim
それ以外はひたすら暴力
素手で殴るは可愛い方、布団叩きの柄やパイプでひたすら殴られる
原因は主に家事やってないとか
赤と緑と紫が混ざったような棒状の跡ができてそれを隠すように学校に行ってた
基本的には服を着て見えるようなところは殴られない
父が馬乗りになって兄の顔を殴ってた時に後ろから母が「顔はだめだよ!顔はやめな!」って必死で止めてたのを思い出す

当然叩かれるのは痛いから逃げたりもするんだけど、逃げると他の兄妹が何もしてなくても容赦なく殴られる
逃げ惑う私、お前が逃げるからこうなる!と叫びながら無実の兄妹をフルボッコにする母親、お願いだから逃げないで叩かれて!と号泣する兄妹
忘れられない地獄絵図

ちなみに最終的には逃げてるとベルトで椅子に縛りつけられてめった打ちにされる

824: 名無しさん@おーぷん 2017/04/25(火)20:52:44 ID:jim
ある程度成長してからは暴力は格段に少なくなったけど物の破壊が多くなった
漫画を数十冊ビリビリに破られたり、服を破かれたり、靴を捨てられたり
それでも漫画が読みっぱなしだったからとか服が気に入らないからとか靴が揃ってないからとかそれなりの理由があっての結果だから自分が悪いってずっと思ってたから親に文句なんて言ったことなかった

この頃になると母親はもう料理すら作らなくなってた。

そして中学卒業して春休みに入った日にバイトを今日見つかるまで帰ってくるなと言われ急募の貼り紙がある店をたくさん回って居酒屋のバイトを決めた。
バイト代が入ってからは金を払わないのは居候、居候の癖に好き勝手出来ると思うな、家賃光熱費払え、と月に2万搾取された。
3万払えばもっと好きにしていいって言われたけど何も変わらないとわかってたからそれはしなかった

825: 名無しさん@おーぷん 2017/04/25(火)20:53:40 ID:jim
私は高校に入ってからも携帯は持たせてもらえなかったけどiPodタッチを買ってWi-Fi繋いでLINEやら2ちゃんやらが出来るというのを年子の兄に聞いて親に内緒でこっそりやってた
それで誰かと話したり色々見たりしてるうちにうちがいかに異常かが少しずつ分かってきた

普通の家庭はしつけと称して家事をさせたり叩く等はあったとしても子供の私物を壊したり山に捨てられたり(捨てる振り)物を全部窓から庭に投げ捨てられたり髪の毛掴んで階段から引きずり下ろされたりまではしないんだと

そしてネットで知り合った人に入れ知恵され、ある日服を切り裂かれた日に警察署に行った
18になってある程度自由にできるようになったのが引き金だったように思う
今考えると本当に無計画だし18なんかまだクソガキだしバカなんだけど、当時は家出覚悟で必死だった

826: 名無しさん@おーぷん 2017/04/25(火)20:54:07 ID:jim
あまり覚えてないけど今までの事とかを話して、本当にもう我慢できないってことを号泣しながら訴えたと思う
でも警察は「しつけと虐待の線引きは難しいからね~おじさんも子供の時は殴られたりとかあったよ~」と話にならず
結果的に事実確認として親に連絡すると言われ必死に阻止したけど帰してももらえず、まだ少しはマシな父親に電話をしてもらった
何を話してたかは知らないけど無駄に和やかな感じが無性に気持ち悪く腹立たしく死にたくなった
父親が私に電話をかわりたいって言ってきたけど変わらなかった
警察にはちゃんと家に帰りますって約束をして解放された

遅くに家に帰ると母親に一言「なにしてんのお前」と言われたけど、なんだか吹っ切れてしまえばなんでもできる気がしてなにも怖くなかった
今なら家を出ても一人で生きていけると思った

827: 名無しさん@おーぷん 2017/04/25(火)20:55:30 ID:jim
その日から私は滅多に家に帰らなくなり、高校は行ってない事にして風〇で働き始めた
高校の卒業式の日に小さなキャリーバッグひとつに必要最低限の荷物をまとめてこの家には二度と帰ってきませんって母親に言って家を出た
母親は何か言ってたけど力ずくで止めはされなかった

その後はキャバクラの寮に入って独り暮らしを満喫して20になったときにスマホを契約して今はなんだかんだ楽しくやってる

過去に風〇で働いてたことが彼氏にバレて大修羅場になるのはまた別のお話

以上が人生の修羅場です
思いの外長くなりすぎてしまって申し訳ありません
スレ汚し失礼しました

851: 名無しさん@おーぷん 2017/04/27(木)09:30:26 ID:epq
>>827
兄が居たんだから、4人で結託してボコボコにしてやれば良かっただろうけど
兄も委縮してたかなあ 良心があれば出来ないかもしれないし






引用元 今までにあった修羅場を語れ【その21】