※微グロ注意

871
名無しさん@おーぷん : ID: ID:M7b

帰省した時に父が背中にコブができてめちゃくちゃ寝づらいって相談してきた
服を脱いでもらって確認したら肩甲骨の間の少し下あたりがぽこーんっと
手のひらサイズに盛り上がってたのね
なんだこりゃって母と眺め回してたらコブの真ん中あたりに黒い鉛筆の芯っぽいのが刺さってんの
これが原因では?ってなってピンセットや五円玉を駆使してシャー芯抜き作業を開始した
5分くらいしてやっとシュポって鉛筆の芯が抜けたんだけどここからがやばかった

人気記事(他サイト様)

鉛筆の芯を抜いた次の瞬間、刺さってたポイントからカッテージチーズみたいなやつが溢れ出した

チーズ以上に臭いチーズ的なものが穴からとめどなく溢れてくるもんだからもう私も母も阿鼻叫喚
臭いしか感じられない父は「何!?くっさ!何!?!?」ってパニクって体を動かすからチーズが飛び散り被害拡大
ガンかなんかの中身を解き放っちゃったか!?って恐ろしくなって慌ててガーゼを父の背の穴に当てて病院へ連れてった
診断結果、背中のコブはふんりゅうって名前のおできだった
元々父の背中にそれがあってなんかの拍子に炎症を起こしてそれが治ったら中身のチーズが増殖してコブ状になったらしい
という話を父を診てくれたお医者さんが嬉々として説明してくれた
そんで「再発しないよう良い感じに切って差し上げますねー!」って我々に言い放った
めっちゃくちゃキラキラしててカブトムシ見つけたダンスィみたいな笑顔だった
で、後日改めて手術をしてもらって父の背中のコブは綺麗さっぱりなくなった
けどいまだにあの臭いとカッテージチーズとお医者さんの笑顔は忘れられない思い出

872名無しさん@おーぷん ID: ID:HGr

飛び散るカッテージチーズ怖いよぅ…
無事お父さんの瘤なくなって良かったね。
「ふんりゅう」ググったら、うちの母にもあるヤツだった。
でも母の場合、定期的に瘤(せいぜい米粒大)を指で圧迫して、自分で中身を出してたよ。
老廃物だか膿だかわからん固めのペースト状の物が、
瘤に空いた小さーい穴からニュルニュルニュル~と出てくるのが、子供の頃に見せてもらって面白かったのを覚えてるけど、
あのちょっとキモい物に目を輝かす子供のような気持ちを、
871さんのお父さんを診たお医者さんは持ち続けてるのかもね。

873名無しさん@おーぷん ID: ID:kuU

>>871
粉瘤大好きで皮膚科医になった人がどこかのスレに居たような…

875名無しさん@おーぷん ID: ID:HGr

>>873
同一人物だったりして…






引用元 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その24