205: 名無しさん@おーぷん 20/02/28(金)21:08:41 ID:dDV
すみません、
ここは寡婦の書き込みは大丈夫ですか?

206: 名無しさん@おーぷん 20/02/28(金)22:01:20 ID:qqP
寡婦はいいんじゃないの?
未亡人スレが板内にあるぐらいだし。

207: 名無しさん@おーぷん 20/02/28(金)22:23:19 ID:Fc9
  バン    はよ 
バン(∩`・д・) バン  はよ 
  / ミつ/ ̄ ̄ ̄/    
  ̄ ̄\/___/ 



人気記事(他サイト様)


208: 名無しさん@おーぷん 20/02/28(金)23:03:13 ID:dDV
ありがとう。では愚痴らせてくださいね。

3年前に旦那が急死。息子ふたりは既に結婚や就職で独立している。
長男から同居の話もあったけど断った。
旦那はいい人ではあったけど、物事に細かいところのある人だったから
今ものすごく伸び伸び暮らせてる。
語弊がある言い方かも知れないけど、これはこれでパラダイスなんだ。
そんな私の目下の楽しみは旅行で、一周忌を終えた頃からちょくちょく出掛けてる。
そしてこれも一人暮らしの暇つぶしにブログを始めた。
同世代の人たち、中には同じ寡婦もいて、互いにフォローしあって楽しんでいたら
あるフォロワー(Aとする)から突然バッシングされた。
それまでは普通にコメントくれてたのに、何が気に入らなかったのか
ある日突然「まるで旦那が死んで良かったみたいな生活ぶり、楽しそうですね」って。
「普通の神経してたら、旦那が死んでまだ3年しか経ってないのに
旅行に行く気持ちになんてなれないもんですよ」とも書かれて
他のフォロワーたちから私を擁護するコメントが次々寄せられた。
みんな言ってることはほぼ一緒で
「“旅行に行けば旦那が死んで良かった”ってことになる意味が分からない」
「旦那が死んで寂しくて落ち込む人もいれば、ひとりでも強く生きていける人もいる」
「いつからなら旅行してもいいと言うのか」
とか大体そんなふうで、言いたいことを代わりに言ってくれた感じ。
旦那の死を悼んでないわけじゃない。
旦那のことは普通に好きだったし、大切にも思ってたけど
家事がすごく楽になったのは紛れもない事実だし
正直なところ3年経つともう、旦那のいない生活が馴染んでしまっている。
第一、ひとりで楽しそうに旅行に行ったからって
草葉の陰で怒ったり泣いてるような旦那じゃない。
私からもそんなふうにレスポンスした。
そしたら裏からメッセージが来て「自分も旦那を亡くしたけど
同居を誘ってくれるような子供もいないし、働かないと生活していけない。
自由に旅行してるあなたが羨ましくて嫉妬してしまった。ごめんなさい」
と、ここまでは、ああそうだったのか・・・と思いながらしんみり読んでたら
最後に「あなたのように恵まれた人ばかりじゃないことは
心の隅に留め置いていてください」と書いてあった。

そっとフォローを外した。嫌いな言葉だけど、言いたい。ウザい。

212: 名無しさん@おーぷん 20/02/29(土)09:02:54 ID:HAa
>>208
最後の一言がなければねぇ。
その人、なんで最初からメッセージでこなかったんだろう。
そんなコメントしても叩かれるの分かり切ってるだろうに。
たぶん余裕がないんだろうね。
フォロー外して関わらないのが正解だと思う。

私も夫のことは好きだけど
パラダイスってのはなんかわかるわw
一年に一回ぐらいだけど、研修で数日泊まりの出張がある日は
何日も前からあれこれ予定入れて、晩御飯はデパ地下で色々買い込んでって
すごく楽しみにしてるしw


---------------おすすめ記事--------------------
庭のグミの木の実がごっそり無くなった!お隣さん『近所のA親子が取ってたわよ』私「許可した覚えはないんですけどねぇ…笑」→結果…

男子高校生「俺の体触らせてあげますから1000円ください」私「私そういう女に見えますか?そうですか... そ れ な ら ・・・^^」

交通ルールを無視した車に撥ねられた←車の修理費払えと怒鳴る運転手に「お前が加害者で俺は加害者」と反論したら蹴り飛ばされてカッとなった俺は…

おまわりさんが知らない子供を連れてうちへやってきた。私(誰この子…)『このお子さんがこちらの住所を言って探してくれと言って来ました』←なんと…

委員「放課後残ってみんなで仕事しよう!」俺「新聞配達の仕事があるからムリ」委員「仕事を辞めろ!学校行事が優先だ!」俺「勝手にしろ。俺は帰る」→

何度言ってもアレルギーというものを理解しない嫁が俺の食事にアレルゲンをねじこんでくる。嫁の事は好きだけどは俺は死にたくないので離婚を決意した。






引用元 スレ立てるまでもないが沢山言いたいこと op18