469: 愛と死の名無しさん 2011/02/05(土) 23:26:04
携帯から。 

数年前に新郎の友人として出席した式なんだが、
新郎の出身が新潟ということで
友人一同が車二台に分けて乗り込み、東京から新潟に向かった。
一台は当日帰る組で、俺はもう一台の宿泊組の車を運転。 

式も披露宴も滞りなく進み、二次会開始。
日帰り組は帰りの運転がある運転手を気遣って飲まず、
俺を含めた宿泊組は普通に飲んでいた。

二次会も終わりに近付き、
宿に移動するために運転代行を会場スタッフに頼み、
宿の場所を新郎に聞いてみた。

 

人気記事(他サイト様)



「そろそろ俺ら眠いから、宿の場所教えてよ。代行で行くから」

新郎
「え…?泊まるなんて聞いてないよ。
ガンガン飲んでるから大丈夫かなって思ってたんだけど」

「いやいや、招待状の宿泊のとこに○つけといたでしょ」

新郎
「あー、ごめん見てなかったわ。
今俺んちで親戚連中集まってて呼び出し食らってるから、
悪いけど行くわ~」

「ちょ、お前待てよ!俺らどうすりゃいいんだよ!」

新郎夫婦はそそくさと帰り、俺を含めた酔っ払い四人が残された。
全く土地勘のない場所に加え、
既に日付も変わっているような深夜、
今から宿を探さねばならない状態。

代行運転手にも一緒にタウンページやら
観光協会やらで宿を探してもらい、
車でかなり離れた場所に何とか宿を取れた。
宿の人は既に寝ていたようで、電話も不機嫌な対応だった。

後日この新郎の所行は友人一同に知れ渡り、
皆が新郎と疎遠になると同時に
「こういう式には絶対にすまい」と心に刻み込むこととなった。

472: 愛と死の名無しさん 2011/02/05(土) 23:32:13
>>469
うわー・・・乙でした。
何でそういう適当なことが出来るのか、理解に苦しむね。
ほんと、結婚式って人間性が出るよな。
高山病が出る様な場所で結婚式とか、
招待客ガン無視で物事すすめるなら
最初から呼ばなきゃいいのにと思うわ

474: 愛と死の名無しさん 2011/02/06(日) 01:05:49
>>469
乙…。
ゲスパーすると、もしかしてお車代もなく、宿代も自腹?

遠方の式の参列の費用負担って議論の分かれるところだけど、
こういう仕打ちするヤツだと、車代?車で来るならいらないだろ?
宿代?忘れたふりすれば自分たちで勝手にどっか泊まるだろ。
みたいな考えじゃないかと…

475: 愛と死の名無しさん 2011/02/06(日) 01:10:03
>>474
どう考えても新郎は宿代払ってないだろ
でなきゃ疎遠にされまい

477: 469 2011/02/06(日) 06:29:34
車代は確か3000円ほどくれたはず。
東京から新潟までの往復燃料費+高速料金が
そんなもので済むわけもないが、もうどうでもよかった。

宿代は当然なし。
領収書もらって送りつけてやろうかと思ったが、
例えこちらにプラスになるとしても関わりたくなかったので自腹だった。

新郎は一年後くらいに浮気が発覚し、
生まれたばかりの子供と嫁が出て行ったらしい。
仲人を勤めた大学のゼミの教授も激怒。
その教授のコネで就職してたもんだから
不況の波にこじつけて真っ先に首を切られたらしい。

周りの友人たちは誰一人として彼と関わってないので
全て人づてだが、絵に描いたような転落人生とのこと。

学生の時はいいヤツだったんだけどねぇ…。

481: 愛と死の名無しさん 2011/02/06(日) 07:46:21
>>477
恩師の顔に泥塗りまくりだな、その新郎

学生時代の友人と妻子と恩師とを失った人生はさぞ辛かろうね
自業自得なんで全然同情できないがw

478: 愛と死の名無しさん 2011/02/06(日) 06:42:01
全てにおいて新郎を庇える部分がないな。
関わりが切れてよかったジャマイカ。


---------------おすすめ記事--------------------
A子に告白して玉砕した俺。A子が海外行くのでA子姉と空港まで行った。A子が出国間際に「お姉ちゃんと俺くんは気が合うと思うよ」→結果

義両親を引き取り同居してる我が家に子連れで押しかけ中の義妹が「おかずが足りない」とか言って実家が送ってくれた鯛の味噌漬けを勝手に食べてた→腹が立った私は…

私(妊婦)「いよいよ再来月から私は里帰りだね」夫「え?私は?俺も一緒に行くよ!何で俺だけここに1人なの?」私「(こいつはポンコツか?)」

暴力トメに「トメさんが私を叩いた分だけ夫君を叩きますね」と宣言→宣言通りに帰宅した夫をトメの目の前で叩いてやった結果…

【衝撃の図々しさ】離婚した兄嫁が連れ子を連れて正月にやってきてビックリ。みんなからお年玉やお年賀もらってホクホク顔。さらに泊まりたいとも言い出して…

兄が家族に何の相談もないまま会社を辞めて消息不明になった→それから1か月後、兄から電話がかかってきて驚きの事実を告げられた。






引用元 私は見た!! 不幸な結婚式 96