1: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:03:45.56 ID:5NzmtL8y0
スペック(当時) 
中2男 
ひたすらバスケに打ち込んるフツメンスポーツ少年 
成績はまあまあ 

暇な時間に書き溜めてたのでちょいちょい修正しつつ投下していく 
病気の話&一緒に入院してた女の子の話がメインな感じ 
冗長な文章だが暇つぶし程度に読んでくれると嬉しい 
一応時系列にはなってる 

質問も出来る範囲で答えるよ

2: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:04:53.83 ID:4XPeXF2H0
ふむ、聞こうじゃないか

7: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:07:21.92 ID:5NzmtL8y0
>>2
ありがとう、書いていく

人気記事(他サイト様)


4: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:05:56.01 ID:5NzmtL8y0
事の始まりは中3の晩春、俺は半年くらい右肘の痛みに悩まされてた
最初は部活の負担や成長痛なのかと思ってたんだが、
ある日肘がちゃんと曲がらなくなってることに気づいたんだ
さすがにこれはおかしいと思い
親に相談して一緒に近くの総合病院に行った

8: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:08:07.35 ID:5NzmtL8y0
診察結果は「保留」
うちの病院でははっきりしたことが言えない、
隣県の大学病院を紹介するからそこで診察を受けて欲しいと言われた。
その時点で、きっとよくないものが右肘にあるんだろうなって感じてた
いくら田舎の病院とはいえ、CTまで撮ってたし、
俺より先に診察室に入った親が深刻な顔をしてたから

9: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:09:18.86 ID:5NzmtL8y0
そして1週間後、隣県の大きな総合病院に行った
レントゲンとCTとMRIを撮ってから診察室に入って言われた言葉は、

「すぐに入院してもらいます。
 明後日に空くベッドが一つあるので、入院の準備をしてきてください」

悪性腫瘍の疑いが濃い
正確なところは生検
(病変部の組織を採取して検査)して見ないと分からないが、
8割方間違いないとの事だった
ちなみに、タイトルにはガンと書いたが
医学的には悪性腫瘍とガン(がん?)は少し違うらしい
ただ、放っておくと拡大・転移して死に至る点では同じだそうだ

10: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:10:42.14 ID:5NzmtL8y0
そして俺は入院した
入院科は整形外科
ほとんど風邪もひかなかった俺としては入院は初めての経験だった
入院した4日後に即生検して、主治医から正式に告知を受けた

右肘関節骨肉腫のステージⅢ

ここから俺の闘病生活が始まる

12: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:13:13.02 ID:5NzmtL8y0
主治医はものすごくいい先生だった
俺みたいなガキに対してもどんな病気なのか、
なぜ抗がん剤治療が必要か、この病気になった人間の5年生存率の話
手術は避けられないこと、手術後の生活で出来ること、
出来ないことなどを夜中まで何時間もかけて、
俺が納得するまで説明してくれた
不安だったけど、この先生なら信頼できると思った
この人に出会えたのは人生最大級の幸運だと今でも思ってる

13: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:13:15.01 ID:0ON/9aS/0
ステージIIIとかかっけぇ

14: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:14:23.90 ID:5NzmtL8y0
ちなみに告知にあたってショックは少なかった
入院までの経緯で覚悟が出来てたのが大きいと思う
けど、俺はもうバスケ出来ないんだなって事だけは
1週間くらい頭の中をめぐってた
そして2週間ほど色々な検査をした後、抗がん剤治療が始まった

15: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:14:46.36 ID:5NzmtL8y0
>>13
告知された時俺もそう思ったよ

16: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:15:25.33 ID:5NzmtL8y0
俺が投与された抗がん剤は全て静脈から点滴するタイプのものだった
1週間くらい継続して点滴を続けるので、点滴の針も普通のものとは違う
直径1ミリ以上あるようなプラスチック製の中空針で、
刺す時には中空部に金属の細いクギみたいなのが入ってる
それを手の甲とか、腕とかの太い血管に刺してから
金属部を抜き取ることでプラスチック部だけが血管の中に残るって仕組み
プラスチック針は大きなテープで固定する

18: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:16:34.83 ID:5NzmtL8y0
ちなみに刺す時滅茶苦茶痛いんだが、
腕とかはよく動かす部位なんで
どうしてもすぐ針がダメになって刺し直しになる
入院中は抗がん剤治療の次にこの刺し直しが怖かった
腕の血管がぼろぼろになって足の甲とかの血管に刺したこともある

17: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:16:03.86 ID:l75GawUxO
よく頑張ったな
吐き気も凄かっただろうに
お前さんは強いな 偉いよ

19: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:17:28.53 ID:5NzmtL8y0
>>17
ありがとう
けど死にたくなかったから仕方なく我慢してただけなんだ
偉くなんかないよ

22: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:19:12.67 ID:5NzmtL8y0
ここで簡単にどんな抗がん剤投与したか書いとく
クスリの名前はよく覚えていない
今の知識で考えるとおそらくこれだったんだろうな、
ってのはあるけどまあさして重要でもないし

・黄色いの
リポD飲んだ後の尿みたいな色のクスリ
丸1日投与した後、5日間くらい継続して
多量の生理食塩水を投与するので1時間に1回尿が出る
腎臓へのダメージが大きいクスリで、
生理食塩水投与をしないと腎臓がダメになってえらいことになるらしい
副作用は比較的軽めで、
軽い吐き気と食欲減退、全身の倦怠感、脱毛ちょっと
軽いって言っても投与開始から
丸2日くらいはトイレ(大)以外ほぼ寝たきりになる

・赤っぽいのと透明の
この2つは併合投与する
生理食塩水投与は
少なめ(黄の1/3)だけど体感できる副作用がハンパない
猛烈な吐き気と脱毛、血液成分(赤血球・白血球・血小板)の減少
これやった後は吐き気で1週間食事が出来なくなる、
ポカリを飲むのすらつらい

治療は黄→(回復期間1週)→黄→(回復期間1週)→
赤&透明→(回復期間3週)が1クールみたいな感じ
手術前にこれを(多分)3クールほどやった
ちなみに初回の赤&透明で頭髪は全部抜けた、
何故か下の毛は4回目の黄まで生き残ってたが
本当は回復期間を短くしたいんだが、
体力や血液成分の回復に最低1週間はかかってた

20: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:18:13.39 ID:bQCYKxg40
想像しただけで痛いな。中二なのにすげぇ

21: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:18:31.89 ID:4XPeXF2H0
読んでるだけで痛そう

23: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:20:52.96 ID:5NzmtL8y0
>>20-21
ありがとう
おかげで今でも痛みに対する耐性はハンパない

25: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:21:10.04 ID:5NzmtL8y0
治療中は両親が代わるがわる来てくれた
遠いのにあんなにしょっちゅう来るのは
大変だったろうなって今にして思うし、本当に感謝してる
ただ、4歳下の妹連れてこようかって言われた時は
絶対連れてくるなって言った
きっと今の俺見たら妹は泣くし、
それ見たら俺も凹みそうだったから

24: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:21:08.66 ID:WgjLXjG30
よく一年四ヶ月で退院できたな。
俺のじいちゃんは胃癌で一年三ヶ月持ったが亡くなった。
ばあちゃんも肺癌で同じくらい生きたが亡くなったぞ。

26: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:22:15.21 ID:5NzmtL8y0
>>24
うん、俺は運がよかったんだと思う
内臓の疾患じゃなかったのも効いてるのかもしれない

27: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:22:52.88 ID:5NzmtL8y0
さてこの辺から一緒に入院してた人たちの話になる
本当にいい人ばっかりで、
つらかったはずの入院生活なのに
この人たちのおかげで楽しい思い出がたくさんある
入院時に同じ病気だった人は以下の3人

・浜田さん(22歳パティシエ男)
・綾ちゃん(北乃きい似17歳JK)
・みーちゃん(お前らの大好きな幼い女の子) 

その他にもリュウマチの斎藤さんとか
焼肉屋経営のチャキチャキ江戸っ子アラサー女のクミさんとかいた
クミさんは滅茶苦茶元気で
正直なんで入院してるのか分からないレベルだった

30: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:24:10.70 ID:5NzmtL8y0
浜田さんは同性で同じ病気ってことで
色々相談に乗ってくれたし、
2人だけで話す時には色んな下品な知識を伝授してくれた
膝が悪くなった後でも可能な行為の体勢についての話は
その後の俺の人生でなかなか役に立った

綾ちゃんは凄く可愛い子だった
抗がん剤治療を受けてるから
当然髪の毛は抜けちゃってていつもニット帽をかぶってたが、
それでもかなりかわいいと思ったし、
元気な頃の写真はもっと可愛かった
うぶで女の子耐性がなかった俺は
最初のうちは自分から話しかけることすら出来なかったけど、
気さくな子だったから何度か話してるうちにすぐ仲良くなれた
書いてる内に思い出したが、
綾ちゃんだけ何故か主治医が違ってた

みーちゃんはお子様なので夜話会にはこれなかったけど、
俺とみーちゃん両方が体調いいときは一緒にゲームとかしてた
調子いいときに作った手作りのお菓子とかくれて、
もう1人妹が出来たみたいでかわいかった

32: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:25:26.18 ID:5NzmtL8y0
斉藤さんは時々病院抜け出して
コンビニ行っては雑誌とか差し入れしてくれてたし、
クミさんは自分の店から色んな肉(焼いてある)
差し入れさせては夜話会に持ってきてくれてた
ちなみに綾ちゃん以外は今後あまり出てこない

あ、夜話会ってのは上のメンバー
(体調がいい奴限定)で消灯後に談話室に集まって雑談する会
自販機コーナーでジュース買ってきて、
それ飲みながら23時くらいまで喋るんだ
斎藤さんの調子がいいときは
近所のセブンでおでんとかからあげ君とか買出しすることもあった

治療がつらい時でも、
回復期間になったら夜話会に行くんだって思って頑張れた

33: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:25:28.31 ID:l75GawUxO
同室の人がいい人ばっかだと救われるよな
ちなみに放射線治療はしなかったのかい?

34: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:27:25.99 ID:5NzmtL8y0
>>33
そうなんだよ、
本当に人とのつながりって大事だと思う
俺は放射線治療はしなかったよ
同じような病気で患部が骨じゃなくて
筋肉の人のなかには放射線治療してる人もいたが

35: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:28:12.50 ID:5NzmtL8y0
でも徐々に抗がん剤の長期的副作用が俺にも現れ始めた
これまでは血液成分が減っても
数日ですぐ回復してたんだが、白血球が増えなくなったんだ

というか、減りすぎて感染症に対する抵抗力が
ほぼゼロになった
俺は隔離された

36: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:28:46.63 ID:5NzmtL8y0
隔離と言っても本格的な隔離病棟じゃなく、
ちょっとした無菌室みたいな所に入るんだ
ドアが2重になってて、常時換気+空気清浄機が作動してる部屋
当然窓は開かないし、
トイレの時以外は部屋の外に出ることすら出来ないから夜話会どころじゃない
部屋の中でも俺は常時マスクをして、
先生やナースも入室時には念入りな消毒をしてた

37: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:28:49.95 ID:edBad2/k0
骨肉腫か

40: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:31:46.12 ID:5NzmtL8y0
>>37
なにか骨肉腫に縁でもあるのかい?

38: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:29:25.27 ID:WgjLXjG30
骨芽腫か。
ガンには詳しい方だけど、血管ボロボロの内出血、
一日三回吐くわ、髪は抜けるわ、
つらいのはじいちゃんたちみてよく知ってる。
それにしても奇跡だよな。
先生とガンの場所は。
血管に隣接するようなところならあっという間に転移するし、
骨芽腫は骨を切り取れば歩けなくなるけど収まるし。
たぶん先生に対しては、ストレスが溜まりにくかったんじゃないかな。

40: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:31:46.12 ID:5NzmtL8y0
>>38
すまない、骨肉腫なんだ
でも本当に不幸中の幸いだと思う
主治医の先生に対して不満を抱いた記憶は一切ないし
転移がなかったのも本当に幸運だったと思う

41: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:32:01.44 ID:5NzmtL8y0
それでも10日ほど無菌室にいれば白血球は回復した
それに隔離状態はそんなにキツくなかった
とりあえず白血球が減る分には自覚症状はないし、
夜になれば浜田さんや綾ちゃん、
新しく入ってきた同病仲間達が入れ替わり
立ち代り遊びに来てくれてたからさびしくはなかった

そんなある日、無菌室にやってきた綾ちゃんは目が真っ赤だった

43: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:33:25.10 ID:5NzmtL8y0
いくらアホな俺でもいつもみたいに
ゲームしてる場合じゃないって事はわかったから、
綾ちゃんが話し始めるのをじっと待ってた
綾ちゃんはまだいくらか混乱してたが、
途切れ途切れに何があったか話してくれた

綾ちゃんには凄く仲のよかった同病のがん患者さん(Aさん)がいた
その人には入院前から結婚の約束をしてた彼氏さんがいて、
病気が治ったら結婚するんだ、って綾ちゃんに嬉しそうに話してたらしい
俺が入院するしばらく前にその人は退院したんだが、
彼氏さんの両親に挨拶に行ったAさんはこう言われたそうだ

「そんな病気の人間と結婚して、子供に遺伝したらどうする」
「足が悪いらしいが、そんな母親では生まれてくる孫がかわいそう」
「ウチの息子をあなたと結婚させるわけにはいかない。諦めてほしい」

彼氏さんと一緒になる事だけを生きがいに治療に耐えてきたAさんは、
鬱のような状態になってしまった
肝心の彼氏さんも親の言うことを優先して
Aさんを見捨てるような形で別れてしまい、
結局Aさんはその後自殺してしまったそうだ

顛末をひとしきり話した後、綾ちゃんが泣きながらポツリといった
「私もきっともう恋愛も結婚も出来ないんだ。
 おっきな傷跡だってあるし、
 もし治ってもいつ再発するか分からないし」

46: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:35:37.39 ID:5NzmtL8y0
その頃になると、俺は綾ちゃんが好きになってた
顔が可愛いって事ももちろんあるが、
いつも笑顔で励ましてくれて、
俺がキツくて動けない時に何回もご飯を作ってくれたりして、
そういう優しいところが大好きだった
部活ばっかで女に縁がなかった俺じゃなくても、
きっと彼女に惚れてたと思う

そんな綾ちゃんが目の前で泣いてて、
自分には何も出来ないって状況が悔しかった
そして、自分でも意外な言葉を発してしまった

52: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:37:36.65 ID:5NzmtL8y0
「そんなことない。
 俺、綾ちゃんのこと好きだよ。滅茶苦茶好きだ」

この後に続けて色々言ったはずなんだけど、
完全テンパってて何言ったか覚えていない
綾ちゃんはなんかポカーンとしてた

ヤバい、やっちまった
ていうか俺何言ってんだ、終わった
そんな思考に頭が占拠されてた
何分も沈黙が続いた後、綾ちゃんが小さい声で言った

54: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:38:59.67 ID:5NzmtL8y0
私も俺君の事好きだよ。
けどね、私達の好きって、普通じゃないかもしれない。
私達、同年代の子達とは少し違う境遇にいるよね。
同じ病気の人たちもちょっと年離れてるし。
自分に一番近い相手に共感を抱いて、
それを好きと勘違いしてるのかもしれないよ。
だからどっちかが退院して「外」の人になっちゃった途端、終わっちゃうかも。
それでもいいの?

49: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:36:47.27 ID:9fZDCZEo0
これも小児がんって言うの?

56: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:41:00.35 ID:5NzmtL8y0
>>49
ごめん、正しい定義は分からない

70: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:54:33.86 ID:WgjLXjG30
>>49
百何冊の医学雑誌から探してきたぜ。
詳しくはなんともいえないが、小児癌の一種だと思う。

53: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:38:59.64 ID:1BGjyroZ0
再発に怯えながら生きるのか

56: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:41:00.35 ID:5NzmtL8y0
>>53
一応、手術後5年経ったら安全圏みたいなセオリーはある
けど7年後に再発して死んでしまった知り合いもいるし、
正直今でも怖いよ
定期健診のときはいつもドキドキしてる

55: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:39:27.88 ID:zPCfCvh+0
当時中2なの?中3なの?

58: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:41:32.30 ID:5NzmtL8y0
>>55
すまない、中3が正しい

60: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:43:34.40 ID:5NzmtL8y0
文章で書くと一気に喋ってるように見えるけど、
綾ちゃんは途切れ途切れに、考えながら喋ってた
俺はこの話を聞きながら、この子は大人だな、
けどその通りかもしれないなって思ってた
でもそれ以上に俺の事が好きだって言ってくれて嬉しかったし、
もしかしたら綾ちゃんの言うとおりになっても
退院まで1人ずつでいるより一緒にいたほうが絶対いい気がしてた
だから「それでもいい」って断言した
綾ちゃんはまたちょっと黙った後
恥ずかしそうに笑って「これからもよろしくね」って言ってくれた

61: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:44:02.40 ID:5NzmtL8y0
そんなこんなで抗がん剤治療と無菌室行き、
回復してからの夜話会、
そして綾ちゃんとのデートを繰り返しながら、
手術前の3クールをなんとか乗り切った
デートと言っても2人で病院から出たりは出来ないから、
院内を散歩したり売店行ったり夜話会の後に2人残って話したり程度
それでも俺にとっては十分だった

治療の副作用が抜けるのを待って、俺は手術を受けた
抗がん剤の効きは期待ほどじゃなかったそうだ
けど、可能な限り筋肉の機能を残しながら、
がん細胞が残らないように手術をしてくれたとの事だった
リハビリを頑張れば右手はかなりのところまで元通りになる、
がんばろうと先生に言われた

62: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:45:23.56 ID:5NzmtL8y0
リハは楽しかった
1年近くベッドの上ばかりで生活してたから、
トレーニングで動けるのが嬉しかった
おれより数ヶ月前に手術を受けてた
綾ちゃんと一緒にリハにいったりもした
無論綾ちゃんの調子がいいとき限定だが
(綾ちゃんはすでに術後の抗がん剤治療が再開してた)

63: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:47:30.09 ID:5NzmtL8y0
そして手術から1月後、俺にも術後の抗がん剤治療がはじまった
手術前とは違うクスリがメインだった
透明な、ぱっと見は水みたいなクスリ
このクスリは赤&透明ほどの吐き気はこない
(それでも吐く時は吐くが)代わりに、
血液成分にダメージが大きいクスリだった
これを投与されると白血球が格段に減って、すぐ無菌室行きになる

しかも投与期間が長いので、
2週間以上無菌室に閉じ込められる事が増えていった

65: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:48:47.70 ID:5NzmtL8y0
もちろん減るのは白血球だけじゃない
赤血球が減るから強烈な貧血になるし、
血小板が減って血が止まらなくなる
何かの拍子で鼻血が出て、1時間以上止まらない事も何度もあった
その状態で寝てると鼻血がに咽に降りてきて吐き気を誘発するんだが、
副作用で体力が消耗してるから起き上がっていられない
そうこうしてるうちに咽に降りてきた鼻血ごと吐いて、
それが原因で今度は咽から血が出る、なんてループに陥ることもあった

その頃手の甲を軽くすりむいたことがあるんだが、
その時も2時間くらい血が止まらなかった
今でも傷跡が残ってる

66: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:51:04.52 ID:5NzmtL8y0
けどそんなことより、
綾ちゃんとなかなか会えないのが一番つらかった
綾ちゃんも同じクスリを投与されてるから、
お互いに無菌室で会い様がない、という状態が多かった
そうじゃない場合でも必ずと言っていいほど
どちらかの調子が悪く、
一緒に散歩に行ったり出来る機会も格段に減った

そんな状態がしばらく続いた後、
綾ちゃんの抗がん剤治療が終わった
綾ちゃんは徐々に副作用から回復して、また会える機会も増えていった
けどそれは、綾ちゃんが退院する時が近づいてるって事でもあった

綾ちゃんの退院日はあっと言う間に近づいてきて、
その日俺は無菌室にいた

67: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:51:14.50 ID:+B4pVZ800
俺は生死に関わるような病気じゃなかったけど
小1から点滴しまくったり手術しまくったり入院しまくったりして今に至る

というか入院期間が累計1年半くらいなんだけど
他の患者さんと仲良くなったことがない
個室だからいけないのか

68: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:53:14.91 ID:5NzmtL8y0
>>67
入院はつらいよな
同い年の奴らが学校行ってる間に俺はなんでって気持ちになる

個室の人はやっぱり知り合い出来にくいと思うよ
談話室とかにしょっちゅう来てれば
そうでもないのかもしれないけど、
どうしても部屋にいることが多くなると思うし

69: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:53:33.64 ID:5NzmtL8y0
そのときの俺は通常時の数パーセント程度の白血球しかなくて、
ちょっとした風邪ですら命取りになりかねない状態だった
当然見送りになんていけないって事は綾ちゃんも分かってて、
両親が退院手続きやらなにやらしてる間、
ずっと俺の部屋にいてくれた
何を話したか、正直あまり覚えていない
油断したら今にも泣きそうだったから、必死こいて耐えてた
最後に綾ちゃんが俺にキスをして
「手紙書くからね。ちゃんと返事送ってね」って
言った事だけはよく覚えてる
綾ちゃんが出て行ってから、布団にもぐってちょっと泣いた

71: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:54:40.36 ID:bQZ+WY870
1ヶ月ぐらい前に急性胃腸炎で
一週間ほど入院してたけど辛かったわ

75: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:57:36.98 ID:5NzmtL8y0
>>71
病院ってのはなるべく遠ざかっていたい居場所だよな・・・

82: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 22:02:15.26 ID:+B4pVZ800
っていうか今も入院してるんだけど、
他の患者さんとコミュニケーションとれたら楽しいだろうなぁ・・・

点滴は上手な人がやればそこまで痛くない、
下手な人だと死ぬほど痛い

89: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 22:04:54.69 ID:5NzmtL8y0
>>82
きっと病棟に談話室とかあるだろ?
そこ行って本読んでるなり、
患者っぽい人に話しかけるなりしてみたらいいと思う
なんだかんだで入院中って人と話したいし、
きっと仲良くなれると思う

74: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:56:25.66 ID:5NzmtL8y0
綾ちゃんが退院してからも数ヶ月間俺の治療は続いた
俺と綾ちゃんの文通?は週1往復くらいのペースで続いてたし、
定期検査のときはお見舞いにも来てくれた
そして俺も退院した

退院は凄く嬉しかった
抗がん剤治療がない、普通の体調で、
普通にご飯を食べられる毎日が戻ってくるなんて夢みたいだった
退院してしばらく経った頃には髪の毛も生えてきて、
猫っ毛の坊主みたいなちょっと変な髪型になってた
凄いクセっ毛の変な髪だったけど、
帽子無しで人前に出られることが幸せだった

77: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 21:58:14.51 ID:5NzmtL8y0
退院したからには今後どうするかも考えないといけない 
何人かの人と相談して、俺は高校には行かず大検
(今でいう高認)を受けて大学を目指すことにした
こんな仕事がしたいってビジョンはなかったけど、
右ひじの事があるから頭脳労働で食べていくしかないと思ってた

78: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 22:00:54.92 ID:5NzmtL8y0
こうして俺の新しい生活が始まった 
その頃の俺にとっては勉強できることすら喜びだった、
綾ちゃんとの文通も続いてた 
お互い交通手段もないし、
家から出歩くのもまだ多少キツい状態だから
会いに行くなんて事はもちろん出来なかった 
けど、文通のおかげでなんとなく綾ちゃんが近くにいるような気がしてた 

そしてその年の11月下旬
綾ちゃんから返事が来なくなった

79: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 22:01:26.31 ID:4XPeXF2H0
え・・・?

80: 以下、VIPがお送りします 2011/09/07(水) 22:01:36.28 ID:WgjLXjG30
あ・・・。


---------------おすすめ記事--------------------
事ある毎に夫の元カノを上げて私は下げて楽しんでる夫&義家族に無記入の緑の紙を突きつけた。私「(夫)さん、記入お願いしまーす」→そう言って夫にペンを握らせたら…

【修羅場】義兄嫁「息子をしっかりしつけろ」私「そっちのが年上でしょ?チビの服を追いはぎしないでください」→ すると...

俺の社用車の駐車場に無断駐車するカローラが出現→その迷惑カローラの真ん前に社用車を停めて土曜夜から月曜朝まで放置した結果…

パワハラ上司に「お前が男だったら殴ってた」としつこく言われ続けていい加減イラついたので「そんなに殴りたいなら殴ったらいいんじゃないですか?」と返した→その数秒後…

寝坊したのが原因で職場に1時間遅刻したら職場の人の家庭が3つ壊れたのが修羅場だった。

お盆と正月の帰省を嫌がるようになった嫁に頭を抱えてる。親父が煙草吸うのが嫌いという事ぐらいしか理由が思いあたらないし、年にたった二度の帰省くらい我慢してほしいわ…

同じアパートの奥様に「今度の契約更新はする?」と聞かれた。私「その予定です」奥「じゃあうちは引っ越すわ」→意味が理解できず「ハイ?」と答えたら衝撃の事実を告げられて…



後編へ


引用元 俺が小児ガンで入院してた1年4ヶ月間の話する