9: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 18:04:52.04 ID:YfXjx8Nu0
私 当時高校1年生 
A 自称20代 父の会社に来た営業 

父の経営してた会社へ母に言われてお使いに行った。 
その時たまたま出会ったのがA。 
見た目かっこいいし大人で落ち着きがある人に見えた。 
それからちょくちょく顔を合わせる機会があってメアド渡された。 
いいなーと思ってたので、メル友になった。 
相手は父の仕事の関係者だろうし仕事関係なら
ちゃんと親に言っておかないとと私が言うと 
「きっとお父さんはヤキモチ妬くよ。公私はちゃんと分けないと」 
と言われそういうものかと思い親には黙ってることにした。 
親には黙ってたけど姉には惚気た。 


人気記事(他サイト様)

数回メールして次の土曜日に初デートということになった前日
「幼妻っていいよなって思う」
どういうやり取りだったかはっきりは覚えてないけど、
たぶん二人がこのまま結婚したらとかお花畑な話の流れだったと思う。
でも「幼妻」という言葉を知らなかった当時の私は
「幼妻」を「幼女」と読み間違えた。
この人幼女好き?と勘違いして一気にひいた。
大騒ぎして姉にも「幼女が好きってカムアウトされたー!」と言った。
ヤバいからデートは断れと姉に言われて、
急遽病気になったことにして学校も休んだ。
ただいつまでもごまかしきれないと思い、
姉に弁護してもらいながら両親に打ち明けた。
ここで幼妻と幼女の間違いが発覚した。
勝手な勘違いをしてしまったので
Aに怒られると思いビクビクしてたけど、怒ったのは父だった。
「あの男は30半ばだぞ。それに結婚してたはず。どういうことだ!」
Aは私に20代と言ってた。
父は私に対して説教はあったものの怒鳴ったりはしなかったけど、
母と二人だけの時にずいぶん荒れて大変だったらしい。
Aはその後父の会社に出入りできなくなって、
Aの勤める会社とはそのまま取引はそのままだったそうだ。
ロリコンと知り合ってしまったかもと思い込んだのが修羅場でした。

10: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 18:44:52.06 ID:0LL162bx0
>>9
まだ若いのかな?
30半ばが高校1年生の15~16歳を狙うって充分ロリコンだよ
幼女狙うのはペドフェリアの域だよ

11: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 19:32:26.74 ID:BqGTGRVW0
>>10
アスぺ?

12: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 19:37:28.56 ID:SaNecsQLO
>>11
自称20代 乙

13: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 19:45:15.04 ID:KZllWnQWO
>>9
勘違いが幸いして毒牙にかからずヨカッタ!

14: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 20:15:13.34 ID:aO1gAClQ0
>>9

嫁さんと一緒にいそうな時間に電話してやればよかったのに

15: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 20:20:52.02 ID:Q7t46EAlO
気持ち悪いオッサンがいたもんだな。

16: 恋人は名無しさん 2012/06/03(日) 21:23:12.22 ID:ZiHd8bd/O
うん、十分ロリコンだ
勘違いからとはいえ、何事もなく終われてよかったよ

18: 恋人は名無しさん 2012/06/04(月) 01:30:53.03 ID:wjLIqKB60
その男きもっ
取引先の娘さん、しかも高校生を
三十代の既婚者が騙してとか、心底気持ち悪い
9が勘違いして姉に相談して、
姉も「幼な妻」の意味を知らなかったのは不幸中の幸い


---------------おすすめ記事--------------------
予約したレストランに到着後、45分経っても席に案内されないので店に確認したら「すでにご到着されております」との返事が→案内された席に行ったら知らない家族が談笑していて…

妻が副業又は転職を勧めてきて困ってる。自分の会社は副業禁止だし転職が必要な収入(700万)でもないのに妻は収入増を求めて「それが一家の大黒柱としての務め」と譲らない。

夫に仕事を辞めて欲しいと言われて困ってる。夫は自分の収入だけでやっていけると言うけど今の仕事は収入的(月2万~30万)にはともかく好きなので辞めたくないのだけれど…

嫁実家の本棚の中の本に興味を持った娘(1歳4か月)が俺にその本を「読んで」と持ってくる途中で姪(6)が「それ私の」と言って本を取り上げた→その様子を見てた義兄が姪に…

【ロミオメール】君が僕を棄てて新しいくまさんを抱いているのを見たよ。つらい、つらいよ。要らなくなったうさぎさんは君の部屋の片隅でしくしくとなうています。

夕飯時の揉め事が原因で自宅で食事をしなくなって約10年、嫁が何の相談もなく息子二人を連れて実家へ帰ってしまった。一家四人で暮らしたいので戻ってきてほしいんだが。

枕元に置いたぬいぐるみに毎日話しかけてる嫁があまりにも不気味なのでぬいぐるみを処分したら嫁の笑顔が消えてしまい困ってる。どうやらそのぬいぐるみは亡き母の形見だったようで…






引用元 ◇修羅場◇part121