370: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)03:32:59 ID:GeP 
犬を散歩していると思い出す出来事。
まず言いたいのだが私はリードをしないで散歩する人が嫌い。
どんなに躾がされた賢い犬でも絶対なんてないし、
みんながみんな犬好きな訳でもないのに
公共の場でリードもつけずなんて
よくそんな無責任なことできるなと思ってしまう。
逆に散歩している犬は全てが賢いと思っている人もやめてほしい。
 

人気記事(他サイト様)


実家で両親が犬を飼っているのだが、まあ躾しない。
その割に大型犬を飼うからすごい力で引っ張るし飛びつく。
そもそも引っ張ってるのなんて見ればわかるだろうに
にこにこと近寄ってきて勝手に触ろうとしてくるのは本当にやめてほしい。
私犬好きだから大丈夫よとか言われても
こちらが何があっても責任取れないから近づかないで欲しいんだ。
私は実家に帰った時にしかやらないが
それでも人通りの少なくなる
夜を狙って人を避けて散歩してるのに本当にやめて欲しい。
普段からこの2つは思ってはいたのだが、私も犬が大好き。
小さい頃からずっと犬と兄弟のように育ってきた。
だから触れる機会があったらまず必ず飼い主さんに許可を取り、
リードをしていない犬には自分からは近づかないようにしてた。
しかしある日公園を歩いてたら物凄い勢いで
リードに繋がれていない大型犬に突進され突然だったから尻餅ついた。
元々ぎっくり腰持ちだったから痛めてしまって立てなくなったのだが、
特に大事にするつもりもなかった。
だからリードしろよと飼い主にはむかつきはするけれど。
しかしその飼い主テンプレのように
「あらあら、でもわんちゃんがしたことだから」と言いやがった。
カッチーンきたから治療費はしっかり請求させてもらった。
最後まで犬嫌いの悪魔めみたいな事言ってたけど、
そもそも犬が好きだからこそ
責任もってリードにつないで管理してやれと思うんだ。
何かあった時に万が一殺処分にでもなったらかわいそうだろ。
言葉が100%通じる人間でさえ思い通りになんてならないのに、
犬が自分の思うままに動くかわいいパペットのように扱う人が多すぎる。
大したことでもないのに愚痴になってしまいすまない。

372: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)07:21:00 ID:RMc 
>>370
乙&完全に同意。
マナー知らずのアホのせいで災難でしたね…

うちの犬も大型で、人間には慣れているけど、
他の犬を見ると時々興奮してしまう。
だから、リードをせずに散歩させている犬に出くわすと、本当に迷惑。
せっかくこちらがリードを引いて道の端に避けても、
向こうの犬が「わーい」ってずんずん寄ってきて、
こっちは図体のデカイうちの愛犬が暴れて
相手に怪我でもさせたら大変と必死で押さえてるのに、
飼い主がポケットに手突っ込んでへらへらしながら
「こんにちは~大きなワンちゃんですね~」とか
呑気に挨拶されたりすると、本っ当にイラッとするわ。
たとえ躾が行き届いていても、
動物である以上「絶対安全」は無いのだから、
万が一を考えて、きちんとリードはすべきだよね。

376: 名無しさん@おーぷん 2016/02/01(月)10:42:57 ID:eE4 
>>370
まず「人に迷惑かけない」が大前提なのに
それが見えないバカいるよね


---------------おすすめ記事--------------------
私の娘は元夫の先妻の子で私とは血が繋がっていない。その事を娘が二十歳の誕生日に伝える予定が浮かれて忘れた→その後、結婚式を迎えた娘に今度こそ伝えようとする私だったが…

男友達と旅行に行くと言い出した彼女に抵抗あるから勘弁してほしいと伝えたら「何もやましい事はない」と返された→腹が立って「じゃあ俺も女友達と旅行してもいいの?」と聞いたら…

新入社員に「切手1000円分買ってきて」と指示したら1000切手を一枚買って戻ってきたんだが…これ俺の指示が悪かったのか?

「彼女なら愛する人のために連帯保証人ぐらい自主的になるだろ」と言って借金の連帯保証を迫ってきたのが原因で別れた元彼が自分の誕生日を祝え的なメールを送り付けてきた。

妹と二人で外食中、急に彼女が現れて「浮気野郎」と言いながら水かけてきた→どうやら友達に「(俺)が女と飯食ってるぞ」と報告されたのを浮気と勘違いしたらしく…

人事の私にある部署の女性が「食事を取らせてもらえない」など勤務形態に関する相談をしてきた→面接ではちゃんとした部署である事を説明してた手前、困って人事部長に相談したら…

ある日、妹が学習障害の子をうちに連れてきた→何でも親父が言ってた「某自動車会社に勤めてたコネでその付近の女子校に裏口入学させる事が出来る」という法螺を真に受けたようで…






引用元 今までにあった修羅場を語れ【その16】