662: 名無しさん@おーぷん 21/03/21(日)11:09:20 ID:9e.bp.L1
父が部下に対してパワハラしていたこと。
私にとってはいつも優しい自慢の父だった。
喋りも草〇ぎ剛みたいなおっとりした喋りだった。

ある休日に家族とお出かけしていた時、
ショッピングモールで部下とその家族にあった。
すると父の声色がいきなり変わって、
極道映画に出てきそうな野太い声、腹から出してる声にになった。
「おいてめえ!何のうのうと生きてんだよw」
「死ねよクソがよー!!
 お前が営業成績クリアしてんの腹が立つんだよ!
 ほら飛び降りろやw」
と、相手の家族の前で思いっきり腹に蹴りを入れた。


人気記事(他サイト様)


相手の奥さんや私の母が悲鳴を上げて止めようとしても、
周りの人が振り向いても、父はニコニコと笑いながら何度も殴って
「お前何いっちょ前にきれいなヨメさん飼ってんだよお!
 そんな美人勿体ねえよ、○○(多分他の部下)にやれよ」
などと様々な罵声を浴びせていた。
部下の人は
「痛い痛い、マジでやめてくださいよ!
 あ、大丈夫いつものことなんですアハハー」と笑っていた。

部下の人が「それじゃまた明日ー」と家族と去っていった後、
「あースッキリしたw私子、行こうか」
といつもの草〇ぎ剛みたいな父に戻った。
母はそれを拒否して、
「タクシーで帰る!」と私を連れて実家に帰ってしまった。

その後必要な荷物だけ取り寄せて、実家に住むことになってしまった。
父方、母方の祖父母も含めての
話し合いが行われたのだが、父の言い分としては

「彼はいじられキャラで、
 それで問題になったこともないから安心して欲しい。
 部下への態度は改めろと言われても無理。
 指導の為にもやらなくてはいけない。
 勿論妻子は大切な宝のようなもの、
 絶対あのようなことはしない。戻ってきてほしい」

母は
「あのように人を平気で殴る様を娘に見せた時点で父親失格だ。
 警察を呼ばなかっただけありがたいと思ってほしい。
 離婚か別居」

私は
「お父さん怖かった。嫌い」

両家の祖父母も「父が悪い、最低だ」という結論に至り、
そのまま別居となった。
父は泣きながら
「お前たちを食べさせるために必死だったのに、
 なんで!なんでわかってくれないんだよ~、
 殺したわけじゃないのに~」
と泣いていて、大好きだった父の面影はなかった。

お陰で草〇ぎ剛みたいな
穏やかな喋りの男の人がいると身構えるようになってしまった。
時々父と会った時に話を聞いたが、
その後も父はずっと会社に居続け、部下を殴っていた。
その部下も昇格して指導する役割を担うようになった。
が、父の影響で部下を殴ったり刃物を押し付けて脅したりするらしい。

父は「あいつも立派になったよ」と話していて、
パワハラしている感覚はなさそうだった。

663: 名無しさん@おーぷん 21/03/21(日)11:14:53 ID:MU.js.L3
>>662
すごく怖い

664: 名無しさん@おーぷん 21/03/21(日)11:49:36 ID:WD.rs.L12
>>662
言い過ぎになるのはわかっていて書きます
あなたの父がさっさと死んでくれた方が
その部下だった人にもパワハラ気質が受け継がれなくて平和でしたね
あなたが穏やかな人に対してトラウマ抱えてしまったことへは
今からでも心療内科の受診をお勧めします

667: 名無しさん@おーぷん 21/03/21(日)16:22:22 ID:Um.pb.L1
>>662
馬鹿親父と命名しました。
パワハラよりも馬鹿のなせるわざ。


---------------おすすめ記事--------------------
血液検査も兼ねて献血に協力したら献血前の採血で針の扱いが下手な人に当たったようで献血後に痛みが残った→その旨を常駐の医者に相談したら…

バイト先の飲食店に来る家族連れの旦那は妻が子供の面倒を見てるのにお構いなしに自分の分の料理を平らげる人ばかり。そんな光景をずっと見てきた俺はある事を決意した→それは…

「同居しろ、私達と長男の世話をしろ」としつこい義両親に反論したら旦那に「お前はもう俺の家族じゃねえ」と宣言されたので離婚する事にした。

3年かけて練った義両親への復讐計画を遂に実行する時が来た。これは旦那にも伝えてない事なので私たち夫婦の関係性も試される。

押し入れの中にある本を探すために座った母が動かなくなった→不思議に思った長男が「どうしたの?」と母の肩を軽く叩いたら母は静かに床に倒れて…

職場の更衣室代わりだった和室に一晩泊まった先輩女性が流産した→その驚きの流産理由が…

実家が資産家で職業が医師という優良物件の男性と結婚出来て勝ち組!と思って浮かれてたある日、夫と義弟がそういう関係である事が判明→義弟に夫と接触しないように告げたら…






引用元 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その28