563: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)13:33:35 ID:jGM 
旦那をください!と知らない女の人が来たこと。
ちょっと長いけどごめん。
我が家は40代前半旦那、30代後半私、子ども男女1人ずつ。
会社で知り合って結婚したんだけど、
知り合った時から旦那はガッチリ体型が
太ったんだなって感じ。佐〇木健介的な体型ね。
顔は彦〇呂とかパパイヤ〇木。
太ってるからかもしれないけど。
私はまぁまぁのブスで普通体型。
 

人気記事(他サイト様)


で、結婚決まって義母に初めて会った時、衝撃だった。
義母、超美人。若い頃の写真も見たんだけど、
若い頃のデ〇ィ夫人や加〇まりこにそっくり。
今も派手な顔立ちの美人。
旦那くん似てたら超イケメンだったのにねーと笑って言ったら、
いや、実は俺似てるんだよと言い出した。
はいはいwwwwと流してたら、写真を持ってきた。
hydeみたいな美少年がいた。何枚も。
全く旦那と結びつかず、ポカーン。
美少年扱いが嫌で、高校からアメフトを始めたんだって。
で、マッチョ化、大学では体育会、
会社では営業で飲みまくりで彦〇呂化したとのことだった。
勿体無いwwと笑ってその場は終わり、
何年かして子供も産まれて普通に暮らしてたら、
最初に書いた旦那ください女が来た。
実は、息子が義母と旦那にそっくりなんだ。
小学校で、身近な大人に子供の頃は
どうだったかインタビューしてみようみたいな宿題があって、
めんどくさがりの息子は旦那にしたらしいんだよね。
それで義母も一緒に写ってる旦那の小さい頃の写真も貼って、
字数稼ぎのために旦那中学時代の写真も貼ったみたい。
そしたらそれを見た保護者の姉妹、
つまり息子のクラスメイトの叔母が、旦那くださいってきた。
その女もかなりの美人だったんだけど、
独身らしく、可愛い子供を産む保証がないと結婚したくないらしい。
で、義母、旦那、息子を見て白羽の矢を立てたらしい。
あんたみたいなブスが奥さんなんてwwと
言われてこっちもキレて散々怒鳴ったけど、全く諦めない女。
旦那が直接言おうと休みを取ってその女にあったら、
一瞬で女の顔が変わり、
こんなデブとするなんて無理!キモい!と泣き出した。
こんなデブってなんだ!うちの旦那を馬鹿にするな!
と再度キレ、その女は泣きながら帰っていった。

565: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)14:09:37 ID:klO 
>>563
その女性の最高の伴侶は乙女ゲーのイケメンだね

568: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)14:40:04 ID:nO8 
>>563
女の子供への執着は酷いな

570: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)16:13:45 ID:E9K 
>>563
あまりに思い込みの激しい女だなー。
声だして笑ったw

571: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)16:26:01 ID:5eI 
>>563
あなたも修羅場だったけど、
ある意味旦那さんが一番修羅場だわなw
おつかれ、諦めてくれてよかったね!

567: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)14:31:37 ID:xst 
彦〇ろって若い頃超ハンサムだったんだっけ

569: 名無しさん@おーぷん 2016/02/11(木)14:55:04 ID:yoq 
>>567
幕末塾っていうアイドルグループで
今からは想像できないけど痩せていてイケメン


---------------おすすめ記事--------------------
ある日、私の友人だという夫婦が訪ねてきて「出店予定の店の出資者になってほしい」と頼まれた。私「銀行とかで借りたら?」夫婦「銀行はちょっと…」→何がちょっとなのか聞いたら…

【修羅場】姉と一緒にお風呂に入った。浴槽に浸かる姉「おうぉっおおおおおぉぉぉぉ」洗顔中の私「(うるさいなぁ)」→薄目で姉の方を見ると…

約10万ほど貸してた友人Aが連絡手段をブロックしたので周囲とA親を巻き込んで全額返済させた→そんなAが再び借金を申し込んできたので拒否したら…

出張から戻った後、会社に出張旅費精算書を提出したら課長に「旅費精算が過剰」と指摘された→どうやら俺が宿泊費を騙し取ろうとしてると思い込んだみたいで…

震災時に避難所で妻が子供に粉ミルクを飲ませてたら3歳ぐらいの幼児を連れてる女性が「私の子供にも分けてください」と言ってきた→色々考えた上で拒否したら…

興信所に息子婚約者の身辺調査を頼んだら「過去の事はお調べ出来ません」と言われた。こういうのよくある話だと思ってたんだが無理なの?

母親が天性の料理上手だったので世の中の女性は皆そういうものだと思ってた→しかし自分が交際する人は料理のセンスがない人ばかりで…






引用元 今までにあった修羅場を語れ【その16】