932: 名無しさん@おーぷん 21/05/05(水)17:58:53 ID:ts.zi.L1
中学校での同級生。

中学校まで俺ははもやし少年だった。
中学で試験的に柔道の授業がとりあげられることになり、
ほんの1学期間だけ行われた。

空手と柔道をかじっているのが自慢な同級生Aという男がいた。
クラス内でそういった武道をやってる者が
そいつだけだったことで、
そのAは今の言葉でいうと、大変イキっていた。
俺のようなもやしをわざわざ相手どり、
根性鍛えなおしてやると口癖のように。
柔道とは名ばかり。先生や指導員の見えないところで
拳が飛んでくると言ったこともよくあった。
体にあざができても
「柔道がんばってんな!」
「いい機会だから鍛えなおせ」としか大人たちには言われなかった。
俺たちもやしは先生たちにも
何も言えずに期間が終了するのを待つしかなかった。

人気記事(他サイト様)


けど、当時の俺は何を思ったか一念発起してしまった。
休みや放課後を利用して身体を鍛えはじめた。
理由はシンプルに、
柔道の期間が終わるまでにやつに一泡吹かせたい。
ふつうに考えれば、長い期間鍛え、
さらに本格的に柔道を習わなければ不可能だっただろうけど、
当時の俺は謎の自信に満ちていた。
中二病に近いものがあったのだろうか。

そして柔道最後の授業の日。
柔道指導の功労者()のAに感謝()をという名目で
何人か連続でAに挑戦するという企画が催された。
ひとりでもAを転ばせれば挑戦者の勝ち、ということで。
俺は真っ先に名乗り出た。
もちろんクラス中から笑われたけど、
熱意を買ってくれたのか、
指導員が指名してくれたので最初の挑戦者になれた。

結果から言うとやはりまるでかなわなかった。
けれど、俺はずいぶん長いこと耐えたらしい。
後で聞いたところによるとおよそ3分強、転ばされずに組み合ったとか。
そのことで称賛され、クラス中から拍手を受けた。
でも俺自身は最後まで何もできず、
最後は無残に転ばされたので
一矢も報いてないと思ってるから複雑な気持ちだったけど。

その数ヶ月の努力や、その後でも根付いた習慣があって、
やがて俺は「もやし」のカテゴリーから脱した。
別にクラスのヒエラルキーが変わるといったことはなかったけど、
その後進学した先などでもやし扱いされることは絶対なかった。

最近になって、あの一連のことがあったから
身心ともに健康に生きられていると思うと、
ようやく当時の自分を褒めたくなったし、
また同級生Aについても感謝に近い感情を覚えるようになった。

ところが。
先日公園を歩いていると
前から歩いてきた男とすれ違ったと思ったら、
後ろから蹴り倒されたか、押し倒されて一発殴られた。
「相変わらずもやしやなw」という言葉だけ聞き取れたけど、
このときは何が起こったのかわからなかった。
正気に戻ったあと交番で被害報告をしていると、
だんだんと過去の記憶と一致してきた。
あれは同級生Aだった。間違いない。

あれから20年近くも経とうというのにこの始末。
あんなやつに勝ちたくて必死に努力したのかと思うと、
当時の思い出がスーパー馬鹿らしく感じるようになった。

933: 名無しさん@おーぷん 21/05/05(水)18:17:07 ID:PF.h3.L1
>>932
あなたが今そうやってちゃんと大人になってるのは
そのとき以来の努力のお陰であるのは間違いないんだろうなと思ったよ
経験を糧にして中二病をとっくに終わらせてるあなたと
厨ニのまま20年近い時間を無駄に過ごしたAと、
現在どっちが勝ってるかは言うまでもない
Aは(あなたの)踏み台になったのだ…ってことにしとかないかい?
それにしても怪我はひどいのだろうか、どうぞお大事に

934: 名無しさん@おーぷん 21/05/05(水)18:39:28 ID:Rk.yr.L1
>>932
うわあ、乙
中学からメンタル全く成長してなかったんだな…
大人の正攻法で叩きのめしてやれ、がんばって!


---------------おすすめ記事--------------------
マンションの管理会社から「騒音の苦情が出ている」との手紙が来た事がきっかけで外部の人間が部屋に侵入してる疑惑が浮上→警察に相談して防犯カメラを確認したらまさかの展開に…

トメの味方ばかりする夫に愛想が尽きて離婚を告げて実家に帰ったら夫が追いかけてきた。夫「(私)さんがいないと生きていけないんです」→それを聞いた私母がぷっと吹き出して…

ホームレスの受け入れを拒否した避難所があるけど当たり前じゃないの?普通の人からすれば何するか分からない人間たちと同じ屋根の下にいさせられるなんて地獄だろ。

うちの近くにある施設の利用者の路駐がウザいので苦情を入れた→すると後日、路駐車のダッシュボードに「駐車許可証」なるものが…

某化粧品ブランドの花ロゴ入り巾着を知人ママに「ちょうだいですぅ」 とクレクレされた。私「無理」→しかし知人ママには話が通じず…

専業主婦の嫁が「もっと家事に協力して」と訴えてきた。俺「俺は激務の中で出来る限り協力してる。これ以上やれと言うのは不公平」→言い争いに発展、嫁が実家に帰ってしまった。

勤務先のデパートに「財布忘れたから先に商品を持ち帰って後で払いに来る」と言う女性客が出現→部長に確認の上で申し出を拒否したら…






引用元 その神経がわからん!その64