936: 名無しさん@おーぷん 21/05/06(木)04:20:33 ID:Wp.gv.L1
フェイク込。
大学の同級生A男がわずか一ヶ月で
同じ部活の後輩女子達に縁切りされた
という話を仲間内の集まりで聞かされた

人気記事(他サイト様)


後輩女子といっても在学中に
先輩後輩だったわけではなくOB会で知り合った仲
それでも先輩なので
女の子達はそれなりに礼儀正しく接したので
急に若い女の子の後輩がたくさん出来たA男は舞い上がった

A男は頼りがいのある先輩をアピールするために
後輩女子達がSNSに何か悩みを書いたら
「一人一人メッセージを送って親身にアドバイスしてあげた」
らしい(本人談)
でも後輩女子達のSNSを見たら悩みというより単なる愚痴
例えば「今日も仕事大変だったー」程度のもの
親しい相手からの心配したメッセージならまだしも
OB会で知り合っただけの自称先輩が
「僕も会社ではね~~君もこうしたらいいよ~~
 そういうときはね~~」
とウエメセアドバイスしてくるのは確かに辟易
また、町で偶然後輩女子に会ったら
何時間も歴史の話を
教えてあげたり(?)そういうアピールを続けたそうだ

そして決定打
あるとき後輩女子の中の一人が婚約相手と破局した
ところがちょうどそのタイミングでA男は
その子のSNSに結婚の話題や彼氏さんどう?とか書きまくった
ただこの時はまだ破局の事は
仲間内に知らされてなかったんで仕方ない
後輩女子は事情をA男に伝えるとA男はメッセージを送った
途端に後輩女子達に総スカン→A男、
全員にSNSブロック、スマホも通じなくなった、らしい

集まりでもA男は
「なんで?あんなに親身に相談に乗ってあげたのに」
と狐につままれたような顔をしていた
とりあえず、破談の子には何て返信したんだ?
と返信メッセージを見せてもらうと
「こりゃまった失礼しましった~☆ 
 うーんでもねー、後輩子ちゃんも頑固な所あるもんね~~
 そういう時はもっとリラックスして~~」
こんな感じのクソ軽い文章
そりゃ破談になってナイーブになってる時にこれはないだろ…
他の同級生に
「これだとその子の態度が原因で
 破談になったと言ってるように聞こえる」
「もしかしたらデリケートな原因だったんじゃないか、
 ブライダルチェックとか」
「SNSならその子の他の知り合いも
 目にするんじゃないの? 会社の人とか」
「公の場でそういう話題を出されるのは自分なら困る」
「アドバイスも過ぎると迷惑。
 そもそも女は愚痴に返答を求めてない。
 てかお前のアドバイスは男でもウザい」
と突っ込まれてたらA男はまだ納得いかなそうな顔して
「でもさーあの子頑固で天然だし(?)」とブツブツ
「何時間も何の歴史の話をしたんだ? 
 いくら歴女でも何時間も話に付き合わせたらあかんやろ」
と聞くと
「ガンダム興味あるって言ってたから
 小説版の歴史の最初から教えてあげた」などと供述してた
確かに大学時代からゼミですぐ漫画や
ゲームの話に没頭する変な奴だと思ってたけど
ここまでとは思わなかった…

937: 名無しさん@おーぷん 21/05/06(木)05:55:35 ID:sI.py.L1
>>936はそんな変なのとはもう縁は切れてるんだよね?
そんなのと同類に見られて困るのは貴方自身だよ

938: 名無しさん@おーぷん 21/05/06(木)08:31:59 ID:my.cq.L1
>>937
お前もA並に頭ヤバイ自覚ある?


---------------おすすめ記事--------------------
マンションの管理会社から「騒音の苦情が出ている」との手紙が来た事がきっかけで外部の人間が部屋に侵入してる疑惑が浮上→警察に相談して防犯カメラを確認したらまさかの展開に…

トメの味方ばかりする夫に愛想が尽きて離婚を告げて実家に帰ったら夫が追いかけてきた。夫「(私)さんがいないと生きていけないんです」→それを聞いた私母がぷっと吹き出して…

ホームレスの受け入れを拒否した避難所があるけど当たり前じゃないの?普通の人からすれば何するか分からない人間たちと同じ屋根の下にいさせられるなんて地獄だろ。

うちの近くにある施設の利用者の路駐がウザいので苦情を入れた→すると後日、路駐車のダッシュボードに「駐車許可証」なるものが…

某化粧品ブランドの花ロゴ入り巾着を知人ママに「ちょうだいですぅ」 とクレクレされた。私「無理」→しかし知人ママには話が通じず…

専業主婦の嫁が「もっと家事に協力して」と訴えてきた。俺「俺は激務の中で出来る限り協力してる。これ以上やれと言うのは不公平」→言い争いに発展、嫁が実家に帰ってしまった。

勤務先のデパートに「財布忘れたから先に商品を持ち帰って後で払いに来る」と言う女性客が出現→部長に確認の上で申し出を拒否したら…






引用元 その神経がわからん!その64