73: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/15(日) 20:51:29
何年も前、何もかも捨てる勢いで
ド真ん中だった昔の恋人に走ったことがある。 
当時の嫁は妊娠中で当然のように物凄い修羅場になり、
俺も彼女も親兄弟に縁を切られ、
彼女とは入籍しないという条件付きでの離婚になったが、
それでも俺達は幸せだった。 

人気記事(他サイト様)

一緒に暮らし始めて一年半くらい経った頃、
知人を通して元嫁から連絡があった。
「養育費はいらない。この子の親は私だけです。
 貴方は私達母子と全く無関係な他人なのだから、
 彼女と結婚するなり好きにしてくれ。」
後日、それまで送った養育費が全く手付かずで送られてきて、
彼女はささやかに式を挙げて入籍しようと喜んだ。
俺はその考えに行き着くまでの
元嫁の想いが遣る瀬なくて素直に喜べず迷ってしまい、
彼女との関係がぎくしゃくし始めて、
それから半年くらいで駄目になってしまった。
彼女には
「貴方は自分のプライドが大切なだけ。
 貴方を切り捨てた奥さんが
 極上の女じゃないと困るだけで愛してる訳じゃない。
 貴方は誰も幸せになんか出来ない。」と罵られたが、
謝るしか出来なかった。
情けないけど、
認めて彼女の誇りを守ってやるくらいしか当時の俺には出来なかった。
その後、元嫁と彼女の事で相談に乗ってくれていた
今の嫁と再婚して二年ちょいになるが、
苦くても彼女の事は良い思い出で、
それよりも元嫁と子供の事をよく考える。
ド真ん中というよりは根元に突き刺さって食い込んでる状態だ。
子供を産めない今の嫁に行き着いたのは罰が当たったからかなとかさ。
元嫁は先月再婚したらしい。
幸せでいて欲しいと願ってる。
俺にはもう幸せにしてやる資格はないから、
願うくらいしか出来ないから……。
今の嫁を幸せにする事が
俺に出来る最大の償いなんだと思ってる。

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/15(日) 21:45:00
>>73
凄い、修羅場だなぁ…(T_T)

でも、最後にイイ女と一緒になれて良かったじゃーねか…。

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/15(日) 21:54:56
>>73はこどもが気になって仕方ないんだと思う。
唯一の血縁なのに自分では触ることもできないしな。
離婚の条件に面会権とかなかったのかな。
でも、ちょっと相談にのってくれた女と再婚とか
軽い男なんだろうw

79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/15(日) 23:04:58
>>73
あんた、尊敬するぜ。
ちょっとDQNちゃんだな!
でも裏山しいぜ!!

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/15(日) 22:35:58
>>77
>離婚の条件に面会権とかなかったのかな。

面会権があっても、
子供のほうが73に会いたがらないのじゃないか。
妊娠中の母と自分を捨てて、
女に走った父親に会っても虚しいだけだ。
73にできることはなにもない。
幸福を願うのもおこがましいと思う。
母親の再婚相手がいい奴だといいな。

80: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/04/15(日) 23:10:47
>>78
だが、いずれ子供は父親に
会いたくなる時が来ると思うよ複雑な意味で。 
親子はそういうもの。
73は、一生懸命生きてればいいんじゃないかと思う、
とりあえず。


---------------おすすめ記事--------------------
俺母に貶されて泣いてる嫁に「大げさ」と言ったら娘に「最低」と言われて反省中。何だかんだでうちには嫁姑問題はなく平和だと思ってたのに…ていうか早く言えよ嫁。

旅行に行く度に私を女中扱いする義家族に「もう一緒に行かない」と宣言したら夫が激怒→離婚のワードを口にした。渡りに船とばかりに夫を追い出して離婚を要求したら…

両親が他界後、以前からの取り決め通りに兄夫婦に遺産を全て相続させる事が決定後、遺産相続に関係ない弟嫁が待ったをかけてきた。

仕事中、肉体関係がある男性から「今日どう?」とLINEが来たので返信しようとしたらLINEを見てないはずのAに「行かないと打ってください」と言われた→突然の発言に恐怖を感じた私は…

上司に呼び出されて取引先への出禁を言い渡された。俺の飯の食い方が悪かったとか何とかで担当を替えるように要求されたそうだ。これイジメだよな?

同じ園のママに「被災地にボランティアに行くから子供を2週間預かって」と頼まれた→理由がどうであれ私が預かる必要は無いので拒否したらまさかの大問題に…

出産したばかりの近所の奥が放心状態で歩いてたので事情を聞いたら姑に赤ん坊を奪われそうになってるとの事。近所奥「もう自分の子供だと思えない」→他人事ながら頭にきた私は…






引用元 心のド真ん中に いつも 昔の恋人がいる part.6