97: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)11:13:09 ID:BOe ×
昔々の話で当時はTVにも取り上げられ結構騒がれた。
その事件当時私は大学生だったんだけど、
中学生の頃A,Bていうやつらに
ものすごくひどいいじめに遭ってたんだよね。

人気記事(他サイト様)


でも当時いじめ事件といえば、
被害者だけが有名になりどんないじめを受けていたのかを、
事細かに面白おかしく書かれたり公表されるだけで、
今みたいにネットで加害者や先生関係者が特定されてさらされたり、
なんてことはなく、まあPCもDOSだ
なんだといってる時代だから仕方がないんだけどね。
そしてある夏の日に元同級生(いじめられ仲間)
だった奴から電話がかかってきた。
電話の向こうでは何人かの話し声と、
誰かが泣いて謝ってるような声がうっすら聞こえてた。
いじめられ仲間だった奴に
「なあ、A,B今ここでしばきまわしてんだけど、
 お前も2,3発殴っとく?」
て言われたんだけど、なんか電話の向こうで
うっすら聞こえる声が怖かったので、俺は返事ができなかった。
しばらくすると、
「やっぱ気にせんで。電話なかったことにしてくれや。」
と言われて切れた。
中学の時は虫も殺せないようなおとなしい奴だったのに、
不良になっちゃったんかなあ。
とか考えてもうそのこと自体忘れてたら、
ある日警察から電話があった。
A,Bがずいぶんとひどい暴行を受けて殺されて、
犯人の自供の確認を取っているということだった。
俺は一瞬俺が疑われてるのかと思ったんだけど、
そうではなくて動機の解明ってやつで、
俺たちがされてたいじめが
どんなにひどいものだったのかを確認に来ただけだった。
俺は正直にどれだけひどいいじめだったかを伝えた。
警察はいじめの話を聞くと、
ため息をついて帰って行った。
結果、元同級生は集団でA,Bのリ〇チ殺人の主犯として捕まった。
残虐な犯行だということで死刑を求刑された。
執行されたという話は聞かないので、
まだ塀の中にいるのかなと思う。
元同級生の家族はどこかに
引っ越していってしまったからもうよくわからない。
でも、TVなんかでは不良同士の対立という事だったけど、
誰だってあんなひどいいじめを受けたら
あんな風になってしまうと思う。
実行はできなくても死ぬまで恨んで忘れられないと思う。
だって俺は今でもあのときたまたまいかなかっただけで迷ってたんだから。
たまにいじめられてた時の夢や
いろいろごちゃごちゃした夢を見ると思いだす。
警察の人が来た時も修羅場だったけど、
いまだに整理しきれないことが
たくさんあって修羅場が続いてる気がする。

98: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)11:19:48 ID:cBw ×
「いじめらる側にも問題がある」などといじめ側やその親たち、
教師たちがしれっとして言ってた時代だよね
やられたのはわたし自身じゃなかったけど、
本気で全員刺したかった
異常な時代だったよね

99: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)11:25:21 ID:wCB ×
そいつもやるなら未成年の内にやっておくべきだったな

100: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)11:32:16 ID:Wen ×
>>97
悲しい話だなあ
いじめられなければ殺人犯になることもなかっただろうに

102: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)13:13:51 ID:C4r ×
>>97
PTSDのケアとかちゃんとしました?
殺されたいじめ主犯格は自業自得だし、
殺したほうは心を殺されてただよね。

103: 97 2015/10/19(月)14:00:25 ID:BOe ×
>>102
そんなもののない時代というか知られていない時代でしたからね。
やってないですね。
正直に言えば、誰にも自分のされたことを話したくない。
警察に話したのは、殺されてもいいくらいのことを
したということを伝えたかったからで
そうでなければ、警察にだって話さなかったですよ。
心の傷になってる自覚はあるけど、A,Bともにもう死んでるので
自分が何かをすることは
もうないだろうし話すということが本当につらい。
思い出したくもない。
自分のことを知らない人にだからかけるということもあります。
今もただ単に自分の運が良かったからとしか思っていません。
あの時本当に迷ったんです。
子供のころから人様に手を挙げてはいけないと
何度も何度も言ってくれた両親のおかげだと思っています。
逆に言えば、そういわれてたから大した抵抗もできなくて
いじめがエスカレートした部分もあるのだろうとは思いますが。

104: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)14:07:26 ID:zkA 
へー虐められたら殺しても良いんだー
虐めていい理由なんてないけど、
殺しても良い理由なんてもっとないのにねー

106: 97 2015/10/19(月)14:14:35 ID:BOe ×
殺してもいいとは思わないしいじめてもいいとも思わない。
104 がどういう人かはわからないけど、
誰かをいじめたことが会ったりいじめてるなら
それくらいの恨みを持つ人間がいるかもしれないよ。
そのくらい人の心はわからないってこと。
もう1度書くけど、俺はいじめも殺人も肯定はしないよ。
ただ誰しも魔がさすってことはあるからね。

108: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)14:27:34 ID:C4r ×
104 みたいなのを正義厨っていうのかな。

109: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)14:30:39 ID:cBw ×
104は現役でいじめやってそうだw
こころの底から恨んでるやつがいるだろうから、
暗い道は歩くなww

111: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)17:25:02 ID:W2X ×
>>104
殺人はいかんと思うが、
いじめをしたら殺される覚悟はせんといかんだろうなと思うよ。
これまでの人生棒に振ってでも
殺したいと思わせるって相当な覚悟だ。
殺人がいかん証拠に、きっちり捕まってる。
報いは受けてるじゃないか。
あなたがどの位置にいるのかわからんが、
やったことは良いことも悪いことも自分に返ってくるんだろう。
行為の良し悪しは別にしてね。

112: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)21:44:16 ID:sUL ×
>>104
>へー虐められたら殺しても良いんだー
いいんじゃね?まさか殺意を抱かれるほどのイジメをしといて
「ころさないでください」とかヌルイこと考えてるの?
>虐めていい理由なんてないけど
うん、よくそういうヤツいる
いじめていいよ、理由があるんだろ?
じゃあ報復されてもモ文句言うなよ?
いつ、どこで、どのくらい はイジメ被害者の気分によってだ
本人じゃなくて 家族へ反撃されるかもしれんがw

113: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)21:47:12 ID:sUL 
俺も中学時代にいじめられてた
背中に焼けどを負わされた
激しく恨んでる、報復もしたい

でも、今たのしく健康で生活できてるから
アホらしくて、しないだけ
相手に子供が生まれて有名私立中学のPTA会長とか
報復しがいがありそうだけどw

114: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)22:03:40 ID:cBw ×
子供時代にひどいいじめしたのに、
のうのうといい暮らしして反省もない外道は一罰百戎で
その後はビクビクと後悔しながら
息潜めて生きていくしかないというふうに、できたらいいなあ
それを見たら、さすがのクズでもちっとは
まともにいきようと考えるくらい壮絶な一罰だ

107: 名無しさん@おーぷん 2015/10/19(月)14:26:47 ID:C4r 
よく耐えましたね。
確かに、カウンセリングだと
自分が体験したことを一から説明しないといけないから。
他人にされて嫌なことは自分が他人にしない、
それを守るのは本当に大変だと思う。
仕返し出来るもんなら仕返ししたいと
復讐心燃やしてしまうのが人の本心だと思う。
それを耐え抜いたんだから、
出来る限りこれから嬉しい楽しいことがいっぱい起きるといい。


---------------おすすめ記事--------------------
ラーメン屋で大盛り無料だったので大盛りを注文。店員「女性では食べきれない人が多いんですが…」→余裕で食べられる旨を主張するも渋られたので仕方なく普通盛りで頼んだら…

彼女を試す為に「仕事をクビになった」と嘘をついたら「また仕事探せばいいよ」と言ってくれた。この答えに感動していつか結婚しようと決意した半月後、思わぬ事態に…

他界した元嫁が飼ってた猫を邪険に扱う今嫁に「もう少し優しくしてやれ」と言ったら口論に→猫と娘を連れて家出されてしまった。せめて娘だけでも返して欲しいいんだが…

義兄嫁が探してくれた優良物件で暮らし始めた頃から私物が消える事が増えたのを不思議に思ってたある日、義兄嫁に貴重品の在処を聞かれた→その首には私が無くしたネックレスが…

ネット予約をしておいた回転寿司屋に到着後、店員に案内された席に座ろうとしたら順番待ちしてた他の客達が騒ぎ始めた→どうやら俺達へのクレームらしいが…

父と離婚して以来、連絡を一切取ってなかった母が他界したみたいで再婚相手とその子供と弁護士に呼び出しをくらった。面倒くさい事にならないといいな…

私夫婦には冷淡なのに他の親戚には優しく接する傾向がある息子の事で頭を抱えてる。良い人生を送れるように色々道を示してあげても言う事を聞かず自己中としか思えない。






引用元 今までにあった修羅場を語れ【その14】