54: 名無しさん@おーぷん 2016/10/01(土)00:58:28 ID:fOc
私が小学生になった頃、兄が中二病になった。
黒魔術やらが載った本を買ってきたり、
赤ペンで呪文を書いた包帯を巻いたり。
両親は生温かい目で見守ってたんだけど、
子供だった私は兄の言動にいちいち衝撃を受けていた。
兄もバカ正直に信じ込む私の反応が面白かったらしく、
中二病はさらにエスカレート。
独自の言語を作り出したり、
妄想日記を書き出したりなどしていた。

人気記事(他サイト様)
私は
「強大な力を持っているが
 まだ目覚めておらず、自覚もない」という扱いで、
能力制御みたいな感じの教えを受けていた(8割は勉強会)。
その中で兄の作った独自言語の解読法を教えてもらい、
新しく身につけた知識を試したかった私は、
兄の不在時にその言語で書かれた妄想日記の解読を始めた。
最初は日々の由無し事をノムリッシュ語風に書いてただけだったんだけど、
そのうち
「俺の中に潜むもうひとりの自分(悪い)」
が自分を支配しつつある、みたいな内容になり、
悪い方の自分が完全に意識を乗っ取った、
この体を使って悪いこと
いっぱいしてやるぞ!的なところで終わっていた。

そこまで解読した私は、
「そういえば最近兄が遊んでくれない
(実際は飽きてきてた)」→「悪い方の兄に変わったからではないか!」
という結論を叩き出し、
兄の友人宅(私もよく遊びに行ってた)に突撃、
日記を晒しながら「お兄ちゃんが…」と泣きじゃくる。
最初は何事かと真面目に聞いてくれてた兄の友人が、
途中から「あー…」という感じになり、
最終的には腹を抱えて笑っていた。

その後、兄本人から「全部嘘です!」と説明され、
半年も経つと「その話はやめて!!!」という状態に。
あとから聞いたところ、
家の中で演じてたキャラを友人にバラされ、
散々それでいじられたらしい。
今思うとものすごく残酷なことをしたと思ってるが、
当時の兄の様子を、ここぞとばかりに
山ほど録画してた両親もなかなか鬼畜だと思う。

55: 名無しさん@おーぷん 2016/10/01(土)07:08:07 ID:icc
>>54
あなた達は家族そろって鬼畜の集まりですか?
そこまでお兄さんを殺しにかからなくてもw

56: 名無しさん@おーぷん 2016/10/01(土)08:17:44 ID:HeL
>>54
黒歴史撮影したり暴露したりひどすぎてワロタ
お兄ちゃんカワイソス

59: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)13:30:58 ID:kMo
54さんの話見て思い出した…。
クラス全体がオカルトというか、
中二病になった事があった。
(実際は小学生なんだけど)

最初は「自分には霊感がある」って
言い出したAちゃんがきっかけだった気がする。
クラスが4年2組だったから
「シ・ニ」の呪われたクラスだとか、隣がトイレだったから
「(トイレの)花子さんに魅入られたクラスだ」とか、皆口々に言ってた。
よく考えると1組もトイレの隣なんだけど。

今思うとメチャクチャこじつけで笑えるけど、
幽霊も何も見えない私は
「皆本気で言ってるのかな…
 でも、皆が言ってるんだから信じてないとダメなのかな…」
みたいな感じで、一応皆に合わせていた。

最初に霊感発言したAちゃんが、
クラスのドン的な感じでオカルトな事件が起こると
「これは地縛霊の仕業だね」
「皆で念を送って追い払うよ!」と皆を纏めていた。

オカルトな事件の一例
・先生の車に謎の顔が浮かび上がる

皆で念を送って除霊(?)
結局先生はどこかで御払いをして貰っていた
その位、ハッキリした顔だった。今思い出しても怖い

・Bちゃん(優等生)が、休み時間中に記憶喪失になる。
パニック状態になりながら、
「何も思い出せない!」と校庭から戻ってくる。
何故か、Aちゃんと私の事だけ覚えていたみたいで
「他の人は怖い!来ないで!」と、トイレに立てこもり。
狭いトイレの中で、AちゃんBちゃん私で休み時間中を過ごす。
Aちゃんは
「大丈夫、思い出せるから」
「◯◯(忘れた)の仕業だから、きっと戻れる」と、
なだめていたが私は
「休み時間終わって先生に怒られたらどうしよう」
「でも本当に記憶喪失だったら…」とドキドキしていた。
結局、次の時間にはBちゃんは普通に授業を受けていた

60: 59 2016/10/02(日)13:57:59 ID:kMo
普通に遊んでいても、
「あ、今の車に死神が乗っていた。
 あの車の人、ダメだね…」とか、
「トイレで白い影を見た!きっと花子さん…」
とか、そういうのが日常会話だった。
運動会で使う小道具が、うちのクラスは赤で、
それも「血に飢えた花子さんの呪い」のせいにされていた。

怖い現象?の度に皆キャーキャー言う。
Aちゃんだけじゃなく、他の女子も結構そんな感じ。
男子も「俺も昨日変な声聞いたぜー!」って
乗ってくる感じだったと思う。
私も一応キャーキャー言っていた。


そんな中、クラスでタロットカードがブームに。
小学生が買うには当時高価だった気がするのだけど、
男子も女子も買ってもらってる子が割といた。
占いも今思うと適当で、トランプみたいにいっぱい広げて、
「好きなの選んで~それがあなたの運命です」みたいな。
そこで、私は「死神のカード」を引いてしまった。
今までこのクラスでのオカルトブームに半信半疑だったけど、
死神のカードのあまりの恐ろしさに私、号泣。
未だに思い出せるんだけど、
足がもげたフランス人形に消えかけてるロウソクの火が描いてある。
フランス人形の口から血が出て釘も刺さってた気がする。
メチャクチャ怖い。
連鎖して皆もパニック(笑)
早速Aちゃんの除霊?が始まり、私は何とかなった。(多分)
翌年クラス替えがあって、霊感主要メンバーとは離れてしまった。

クラス替えしたら霊感霊感言う人な皆無で、
主要メンバーだったAちゃんも普通な感じになっていた。
ちなみにAちゃんは中学でギャル化した。

当時のクラスメイトに、
「あれは本気でやってたのか?」それとも
「ノリで霊感ごっこをしていたのか?」
とすごく聞きたいんだけど、
三十年近く経った今、誰とも繋がってなくて聞けない…

死神のカードは偶然だと思うんだけど、不思議な事もあって。
「廊下と教室を仕切る壁に手を当ててみて」と、
Cちゃん(活発な女子)に言われて手を当てたら、
ビリビリとしびれた。
びっくりしてCちゃんに言うと、

「霊の波動だよ」と言われた。
あれは何だったのか未だに分からない。
機械とかもない、普通の壁だった。

思い出話におつきあい下さりありがとう。

64: 名無しさん@おーぷん 2016/10/02(日)15:32:49 ID:h1B
>>60
壁のビリビリは漏電だろw


---------------おすすめ記事--------------------
何回注意してもうちの敷地内への無断駐車をやめない女に仕返し。その女の車を囲むように長方形の穴を重機で掘ってやった結果…

働き始めた妻にもっと家事+αをやって欲しいんだけど贅沢だろうか。共働きを始める前は妻がほぼ100%の家事をやってたんだし知識もあるだろうからやって欲しいんだが。

強制的に参加させられた再従姉妹の結婚式中、酒が入った親戚連中に容姿を貶された→それを聞いてキレそうになってた両親を何とか抑え込んでたら祖母が衝撃の行動を…

大好きな友達への態度から突然塩対応になる事が多すぎる友人に思わず「突然そうなるのなんなの?怖いからやめて!」と言ってしまった→すると友人が…

旦那が有能すぎてしんどい。家事も炊事も旦那の方が上だし「こんな事も出来ないのか」といつも言われるし自分の存在意義が分からなくなってる。






引用元 笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】3