290: 名無しさん@おーぷん 22/10/22(土) 19:55:00 ID:hs.ow.L1
修羅場と言うほど
修羅場でもないけど個人的に大変だった話。

5年以上同じマンションに住んでた頃、
ある時を境に突然部屋にゴキブリが出るようになった。
7階だったこともあってかこれまで1度も出たことが無かったのに、
1か月で3回とかの頻度。
大きさも大小さまざま、
赤ちゃんサイズから時には8センチくらいの大物もいた。

人気記事(他サイト様)



虫が苦手な私は発見する度に悲鳴上げながら掃除機(武器)や
タッパー(捕獲用)や熱湯で応戦して何とか駆除。
燻煙剤つかってみても効果なしで1週間もしたら現れる。
部屋は物自体は多かったけどゴミをため込んだりしなかったし、
水回りも頻繁に掃除してたから
何でこんな急に出始めたのか分からず、
視界の端に何か動くものを感じる度にびくびくしてる日々だった。

ある日、出勤のため家を出た直後に会社から
「今日は在宅にして」と連絡を貰った時があった。
せっかく化粧も着替えもしたのになぁと思いながら
家に帰ると鍵が開いていて、部屋の中に人がいた。
目があった瞬間お互い悲鳴。
私は咄嗟にドアを閉めて、
ドアの前で全体重かけて扉を押さえながら通報した。
警察が来て侵入者を捕まえてもらい、
顔を確認するとマンションの管理人の女性だった。
手には生きたゴキブリの入った袋を持っていた。
管理人は今までに何度も私の部屋に侵入し、
ごみ置き場に出没したゴキを放していたとのこと。
そういえばゴキが出るようになった時期は、
管理人がこの女性に変わった少し後からだった。

彼女が何故そんなことをしたのかというと、
「挨拶をされたから」だって。
私は出勤時、ごみ置き場の整理や
マンション前の掃除をしている管理人さんを見つけると
いつもおはようございますとかお疲れ様ですと声を掛けていた。
よかれと思ってというか、
ただの習慣として特に意識せずにしていたの挨拶だったけど、
管理人さんにしてみれば
「同年代で同じ女なのにこっちはバッチリメイクで出勤、
 あんたはすっぴんでゴミ掃除wwwみじめww」と
馬鹿にされてると感じていたらしい。
だから復讐のため私の出勤を確認してから
合鍵で部屋を開けてゴキを放っていたんだって。
物を取られたりはしていなかった。
本当にゴキを解き放たれてただけ
(それでも最悪だけど)

管理会社からは謝罪があり管理人も変わったけど、
既に放たれたゴキを全部駆除できてる保証はないし、
この家に住み続けるのはなんか気持ち悪かったので結局引っ越した。
虫が無理なのでまた高さのあるところにしたけど、
今のところまだゴキは出ていない。

291: 名無しさん@おーぷん 22/10/23(日) 03:40:14 ID:cZ.hm.L1
8センチってところに驚愕した
そしてその後の展開が完全ホラー
乙でした

292: 名無しさん@おーぷん 22/10/23(日) 11:25:51 ID:pz.3j.L1
>>290
引っ越し費用貰った?

293: 名無しさん@おーぷん 22/10/23(日) 16:23:02 ID:3x.jt.L1
>>292
290です
謝罪に来たときちょっと包む程度は貰ったけど引っ越し費用は無し

8センチは体感なので実際もっと小さかったかもしれないけど、
黒光りする立派なやつが
頻繁に白い壁を這ってるのは本当に怖かった


---------------おすすめ記事--------------------
うちの夫は食い尽くし系で、食卓に並んでる物は人の物だろうが奪い取って食べる→中でも一番酷かったのが娘の友達の誕生会での出来事で…

自営業の倉庫屋やってる友人の倉庫にスプレーで落書きしてたガキ共に親を呼び出させた。ガキの親「消すか塗り直せばいいだろ!」→この開き直りにキレた友人が…

息子嫁の両親と同居するための二世帯住宅を建てる事にしたらしい息子が夫婦揃って「援助してくれ」と頭を下げにきた。息子嫁「」→何言ってんだこいつ。

他界した義父のお通夜の席で周囲の爆笑を誘うつもりでやった事が嫁と嫁家族の怒りを買ってしまい困ってる。俺の地域では葬式=宴会騒ぎが普通なのではしゃいだ結果がこれだ…

40代の独身男だけど20代半ばの子との間を取り持とうとしてくる上司に困ってる。その子に浮かれてるような事を言った事はあるけど20も年下なんだから恋愛的な意味な訳ないだろ…

同じメゾネットに住んでるお隣さんが駐車場と駐車場の間にプランターを置いたせいでスペースを借りるのが難しくなってイライラ。賃貸の駐車場は住人共用なのに何してるの!?

メルカリに会社から消えたカプセル珈琲と同じ物が出品されてた。何とか出品者を特定しようと思った私は会社のカプセル珈琲に小さな点を付けて…

おんぼろアパートで暮らしてたある日、深夜に帰宅したら部屋の前に中華丼が置いてあった→どうみても不審物なのに空腹状態だった俺は…






引用元 今までにあった修羅場を語れ【その30】