747: 名無しさん@おーぷん 20/12/11(金)12:05:14 ID:fr.ue.L1
同僚1人の退社で会社の上層部が大騒ぎになった話。

以前勤めてた会社の同僚Aが、
やたらと別会社への出張(出向とか異動ではなく)をやらされてた。
Aがいたのは北海道にある事務所だったんだが、
そこから九州の取引先の会社に
「いつまでかわからないけど」で行かされて結局そこで1年、
帰ってきたと思ったらその1週間後に
今度は関西の会社に無期限で行かされてそこで半年、
やっと帰ってきたら上から
「またすぐに出てもらうから」なんてことがずっと続いてた。
出張先でAがやった仕事の報酬に加え、
ホテル代などの滞在費や交通費も
全部向こうの会社持ちでこちらにとっては旨味しかなく、
さらにAは出張先でかなり頑張ってたみたいで
先方からの評価も高かったんだが、
そのせいで逆にAにさらに出張が集中することになってた。

人気記事(他サイト様)


一方でAには申し訳程度の
出張手当が出る程度でそんな金にはならなかったらしい。
A本人からも周囲の社員からも
「いくらなんでも出張行かせ過ぎ」
「他にも対応できる人を育てるべき」
と何度も意見を上げていたけど、
上は「経験者だから」
「先方のご指名だから」と取り合わなかった。
そんな時、Aに病気が発覚。
けっこうな重病だったので療養のために退職が決まり、
仕事の引き継ぎと退社の準備をしていたAに、
なんと上はさらに出張を命令してきた。
これにはさすがに「あり得ない」という声が上がったものの、
上はいつも通り
「経験者」
「先方のご指名」を理由に押し通されてしまった。
結局Aは1ヶ月程の出張を終えて帰ってきたところでそのまま退職した。

748: 名無しさん@おーぷん 20/12/11(金)12:07:05 ID:fr.ue.L1
そしてAがいなくなった後、
いつものように出張の要請がきて別の人を出してはみたものの、
会社の事務所には出張先の会社からのクレームの嵐。
なにせギリギリまでAを一線で働かせて
引き続きもまともにやってないもんだから、
先方での業務内容をまともに把握してる人間がいない。
一応多少なりとも出張経験のある人を出しはしたのだけど、
その経験の量も質もAとはだんちがいのため
「仕事がまともにできなくて1日まごついてるだけ」
「知識もスキルも無さすぎ」
というクレームが立て続けに入って上は頭を抱えたらしい。
しまいには上から
「(もう辞めてるのに)Aをご指名だから出張にだしてくれ」
とか
「なんとか今すぐAを呼び戻せないか」なんていう要請がきて、
これはもう正気の沙汰じゃないと、
俺と他何人かはその会社を辞めた。
その後俺は同じ業界の別会社に就職できたけど、
元の会社の話は一切聞こえてこない。
「そういやそんな会社もあったなあ」みたいな扱いになってる。
Aは自宅で療養しながら、出張先の観光地を回って撮った
写真を家族に見せびらかして過ごしているらしい。

終わり

749: 名無しさん@おーぷん 20/12/11(金)17:57:35 ID:53.ww.L9
Aさんご一家、辞めた皆様、
バカな会社側以外のすべての皆様の幸福をお祈りします


---------------おすすめ記事--------------------
義父母から勧められた不妊治療に非協力的な夫との仲がギクシャクし始めたある日、賞与がUPしたらしい夫が自慢気に明細を見せてきた→しかし私の方が大幅に賞与がUPしていた結果…

朝帰りを追求したら鼻で笑った妻と離婚する覚悟を決めた。上司と男女の関係になってる事はもう調べがついてる。気が強い女だから反撃してくるだろうけど俺は負けない。

義実家に帰省する度に義家族に嫌な事をされるのが耐えられず夫に抗議した。夫「俺の家族がそんなに嫌いか?」→話が通じないので家族の協力の元で私の立場を体験させた結果…

友人と行った居酒屋で食事した後の会計で店と揉めた。合計で4200円になるはずなのに伝票の金額が7040円とおかしい→納得いかないので料金の内訳を教えてもらおうとしたら…

可愛がってた亀を亡くした嫁が家の事を何もしない人になってしまった。「出掛けるまで元気だったから絶対におかしい」との事だけど単純に寿命だと思うのですが…

事故で他界した両親の遺産として〇千万円相続した弟が弟嫁の勧めで仕事を辞めてしまった→この弟夫婦が震災で家とお金を失ったらしく図々しい要求をしてきたんだけど…

友人A子に10万円貸して欲しいと頼まれるも断ったら「夫婦ふたりで働いてて10万もないの?」なんて言われた。ムッとして「自分だけの意思で大金は貸せない」と言ったら…

普段は温厚ですごく優しい母が婚約者側の婿養子になる事を報告したくらいで鬼姑と化して血の気が引いてる。婚約者の事もボロクソに貶すようになったのですが…


引用元 今までにあった修羅場を語れ【その28】