修羅場ライフ速報

当ブログは生活全般、修羅場な場面、相談・愚痴など 管理人が気になった話をまとめたサイトです。

修羅場

138: 名無しさん@おーぷん 2017/06/01(木)12:02:41 ID:TIB
弟に殺意を抱いている今がスレタイ。
俺は長男オッサンややハゲ。
顔面偏差値いいとこ40。年収お察し。
こんなオッサンを「カワイイ」と言ってくれる女性が
奇跡的に現れ現在婚約中。
彼女はとても心優しい女性。
高校生の時に病死した父親が酒乱気味だったので
男性恐怖症の気味があり酒飲みが嫌い。
幸い俺は下戸。酒煙草ギャンブルやらん。
趣味はカレー作り。スパイス揃えるくらいしか金使わない。
彼女とは今年中に結婚する予定だった。
それはいいんだが、問題は俺の弟。
補足としては俺よりイケメン+コミュ力高。
弟は俺たち経由で彼女の従妹と知り合い、
そっちはそっちで婚約中で、俺たちより先に挙式予定だった。
続きを読む

113: 名無しさん@おーぷん 2017/05/30(火)11:28:40 ID:sf0
友人A男がB子と婚約したが、破談になりそうだとA男から聞かされた。
理由は「婚約したとたん、B子が金の話ばかりになったから」
B子はフワっと天然タイプでそんな子には見えなかったから意外だった。
だがA男の家は親が両方公務員で、裕福といえば裕福(ケチだが)。
金目当てで近づくこともないではないかと相談に乗った。
しかしABの仲は悪くなる一方で
俺と俺カノが立ち会って、ファミレスでABが話し合うことになった。
B子はフワっとした子だったのに別人のようにキツくなっていた。
A男「結婚前から金の話ばかりでうんざり」
B子「挙式にいくらかかる、旅行にいくらかかる、新居にいくらかかるかの話し合いがしたい。
予算がわからないと何から削っていいかわからない」
A男「貯金額をやたら知りたがるのに抵抗がある。源泉徴収票も見せろと言われ引いた」
B子「私はどっちも開示できる。結婚するのに相手の財政状況がわからないなんて不安」
A男「そうやって何でも管理しようとするお前に、こっちこそ不安しかない」
B子「逆。あなたのお金はあなたで管理して欲しい。お互いどれだけ出せるかが知りたい」
内容は大体こんなだが、
A男が1言う間にB子が10まくしたてる感じ。言い方がまたキツい。
結局俺たちが割って入って
俺「B子の言い分はわかるがそんなに追いつめるものじゃない。婚約が決まったとたん
地のキャラを出してきて、別人のようでそれだと詐欺だと思われてもしょうがない」
俺カノ「言い分はB子が正当に思う。言い方は確かにキツい。A男さんもイヤだイヤだだけでなく歩み寄ろう」

しかし数ヶ月して結局ABは破談。
B子のキツさがA男にはどうしても駄目だったようだ。
A男がトラウマになり心療内科にかかったことで慰謝料の話も出たが、結局なしで別れたと聞いた。
B子が入籍まで猫をかぶり続けていたらもっと揉めたんだろうから、
結婚する前でよかったなと慰めておいた。
俺カノに「お前も婚約したら豹変するんだろ」と冗談のつもりで言ったら喧嘩になってとばっちり修羅場w

続きを読む

65: 名無しさん@おーぷん 2017/09/23(土)08:26:37 ID:107

結婚式に参列したら新婦から顔の傷をpgrされて修羅場になった。

中学の時の事故が原因で私の額には傷がある。
メイクと前髪である程度は隠れるけど、傷の場所が眉間に近いことから完璧に隠すことはできない。
両親と祖父母が女の子の顔に一生ものの傷があることを憂いて整形や皮膚移植にだいぶお金をつぎ込んでくれたんだけど、それでも完全には消えなかった。
思春期のころはそれなりに苦しんだけど、周囲の助けがあったから乗り越えられた。
事故に遭ったのが中三の受験シーズンで退院した時にはもう学年があがっていて、高校進学が一年遅れたけどそれ以外は普通に大学を卒業してOLをやっていたし、ちゃんと恋愛して結婚もした。今は専業主婦。

ある日、高校時代の友人から結婚式の招待状が届いた。
この友人をYとする。
続きを読む

207: 名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木)12:28:14 ID:IBg
愚痴。
俺の我儘なのは分かってるけど弁当箱に不満がある。
妻が用意してくれる弁当箱はプラスチックのタッパーみたいなやつで、
蓋に通気穴?みたいなのが付いてて、レンチンして食べられるっていう、
妻曰く、機能性を重視した弁当箱らしいんだ。
でも俺は、もっと普通の弁当箱がいい。
タッパーみたいなのじゃなくて、安くていいから黒とか茶色とか、
本音はキャラ物弁当箱がいいけど、俺見た目厳ついしデカイし
おっさんだからさすがにそれはキモくて言えない。
前にそれとなく伝えた時は「いい歳こいて何言ってんの」って鼻で笑われたよ。
新入社員が彼女に作ってもらったとか言ってかわいい弁当箱持ってんのが羨ましい。
弁当箱買って渡してもキレられたし諦めてるけどまだ完全に諦めきれない。

続きを読む

450: 名無しさん@おーぷん 2018/07/11(水)09:37:54 ID:IH2
職場で、最近入ったバイトによく足を踏まれる
あまり痛くないし謝ってくれるのでそれはいいんだけど、そのバイトの子入ってまだ2週間なのに踏まれるの8回目なんだよね
注意力散漫過ぎてお客様になにかしてしまったら大変だから本人にちょっときつめの注意と、バイトの子の指導係とフロア責任者にこういう事があったと話した

そしたらどうも私が舐められてるんじゃないかと
(私バイトの子より随分年上だし勤続年数も長いし、当然任されてる仕事量も違うんだけど…仕事以外では優柔不断なのが雰囲気で察せられた?)
バイトの子仕事ぶりはまあまあだけど表から見えないところは手を抜いたり気分屋で仕事にムラがあるし、気に食わない人には塩対応する子だからちょっと納得した
つまりわざと足踏んでるっぽい 
もし次踏まれたらガツンと言ってやろう

続きを読む

56: 名無しさん@おーぷん 2017/05/17(水)22:37:14 ID:Fzt
ついこの間、痴漢冤罪で引っ張られた。

「素直に認めれば罪が軽くなるよ(ニヤニヤ」みたいに言ってきた警官の無能さに思わず、
「俺は捕まってから両手洗ってない(駅員が証人)し、本当に触ったなら手から繊維片が出るはずだ。
 女の服にも俺の皮脂や皮膚片、場合によっては指紋が付いてるから調べろ」と言ってやった。
警官は「そんなことまでしなくても、被害者の証言があるし……」とか言ってたが
「いいからとっととやれ。それとも証拠隠滅に加担するつもりか?」と言ってやったら、
しぶしぶ鑑識(?)を呼んで両手の繊維片検査と指紋採取。
女の服も女性警官が別室でいろいろ調べたらしい。
続きを読む

9: 名無しさん@おーぷん 2017/03/21(火)18:55:09 ID:PMf
大学生の時に、バイト帰りに信号無視の車に撥ねられた。
そこそこ重症で2日間意識不明だったらしいが今は何の後遺症もなく元気。
問題はその意識不明だった間に見た夢がきっかけで
たぶん無意識に封印していた小さい頃のことを次々思い出したこと。

小さい頃、たぶん幼稚園かそこらだったと思う。
父じゃない男の人がよく訪ねて来て、そうすると母に遊びに出された。
そんな時はいつも母の古い腕時計を渡されて
「この長い針が(数字)の所にくるまで遊んできなさい」って言われて
その約束はちゃんと守ってたんだけど、何度かお菓子を取りにこっそり戻ったことがあった。
続きを読む

960: 名無しさん@おーぷん 2017/03/09(木)23:20:45 ID:11N
それくらいで最大の修羅場なんて・・・と思われるかもしれないけど、子供の頃だったから本当に修羅場だった
高校生になって家が貧乏だから学校に許可をもらってバイトをすることになった
そこは新しくできるラーメンのチェーン店で、新規でバイトを募集してたこと
家から自転車で五分でつけるので、夜遅くなっても安全なことから親にも学校にも勧められて応募した
バイトに受かった子たちは厨房を除いて女性しかいなくて、それも皆レベルの高い子ばかり
飲食店なのに髪染めてる、ネイルしてるのうな人も混じっていて、飲食店っていってもこんなものなのかな?と思っていた
最初はバイトの女性だけで25人くらいいたんだけど、短期間にどんどん女性が辞めていった
一ヶ月後には10人ほどしか残らない
しかも残った子は何やら店長と親密な感じだった
女性が減っていくに連れて、店長は女性にバイトの後の予定を聞いて誘い出すようになった
中学卒業してまだ三ヶ月もたってないようなお子様な私にはその意味が全くわからなかった
そのうち店長が私にも声をかけるようになった
続きを読む

888: 名無しさん@おーぷん 2017/02/06(月)19:11:14 ID:2oH
書き捨てる。長いです。

高校に入ったばかりの頃、私は風邪をひいて学校を休んでいた。
私の家は新しく宅地開発された所で、当時はまだポツポツとしか家が建っておらず
うちはお隣さんと共に、離れ小島のような感じで他のお宅から離れてたんだ。
(今はみっちり建ってる)
昼間2階の自分の部屋で寝ていたら、なんか叫び声のようなものが聞こえた。
うちは両親共働きだったし兄も学校でひとりだったから
なんだろうって怖くなって窓から外を見た。
窓を閉めていたから声は小さいけど確かに悲鳴が聞こえた。
続きを読む

835: sage 2016/12/20(火)17:04:09 ID:8S6
今日、姉がヨメトメ戦争を勝ち抜き旦那を捨てて 出戻ってきたので吐き捨てていく。

俺には七つ上の姉がいる。
昔から負けん気が強くて男勝り、昆虫観察が趣味の少し変わり者の姉だった。
この姉がいなかったら、俺はきっとタヒんでたと思う。というのも、ひどいイジメにあっていたからだ。
その時姉は既に社会人で実家におらず、俺もイジメられていた事はいえなかったんだが、やっぱバレるもんなんだな。
ある時、本当にたまたま実家に遊びに来た姉と、下校中に鉢合わせた。
その日も殴られてたから、俺は傷だらけだった。姉は俺の顔を見てサッと表情を無くしたよ。
いつも笑ってる姉だったから、この時のことはよく覚えてる。このあとの事も。
続きを読む

このページのトップヘ