修羅場ライフ速報

当ブログは生活全般、修羅場な場面、相談・愚痴など 管理人が気になった話をまとめたサイトです。

ジュリメール

848: 名無しさん@HOME 2010/06/08(火) 12:17:20 0
流れは読まずに、兄のところに来た元妻からのメールを投下 

久しぶりね、ダーリン 
アナタがまだワタシを愛しているのは知ってるけど、 
たまには行動で示してくれなきゃ不安になるのが女なのよ? 
その辺り、気が利かないのは相変わらずね 
アナタの幼稚な親のせいでワタシたちが引き裂かれて5年 
他の男と結婚したけど、アナタほどワタシを愛した男はいなかったわ 
アナタはどんなに遅く帰ってきても、ワタシにご飯を作ってくれた 
アナタは、ワタシのために何でも買ってくれた 
それなのに、他の男の子供を妊娠したくらいで離婚させるなんて 
アナタの親は頭がどうかしてるわ 
いまの夫とは別れるから、3人でやりなおしましょう 
でも、またあの連中の邪魔が入ったら悪いから、 
アナタの親が死んだら、ワタシをもう一度迎えに来て 
あの生意気な妹は、まあ子守のためにいてもいいわ 
また、アナタのご飯を食べたいの 
アナタのハニーより 愛をこめて 

続きを読む

433: 1/2 2010/06/06(日) 00:58:56 O
周りには愚痴れないので、投下。 


お久しぶりです。 
あの頃の貴方は若すぎて、何が本当の幸せかわからないまま、私のたった一言の過ちに惑わされ、二人の運命は複雑になってしまった。 
十年経って、ようやく貴方を奪った彼女に因果応報が巡りましたね。 
私なら貴方を幸せに出来るのです。いまなら私を選ぶべきとわかるはずです。 

いまなら別れを告げても貴方を責める人間はいません。(差別用語等、彼女を蔑む言葉なので後略) 


続きを読む

354: 名無しさん@HOME 2010/06/13(日) 18:09:58 0
×年前、私の婚約者を寝とってデキ婚した友人Aから来たジュリメール。 

「私美へ。 

いきなりのメールでごめんね。アドレスはB(私の友人でAの従妹)から聞きました。 
私が強引に聞き出したんだから、Bを責めないであげて。 

あれからもう×年経ったんだね。信じられない。 
でも私美へのつぐないを、一日だって忘れた日はなかったよ(顔文字だろうけど機種違うからゲタの記号) 

彼男との生活はまるでおままごとのようでした。 
結婚は大人同士がするものだって意味、彼男はぜんぜんわかってなかった。 
ママのいいなり。まるで子供。 
子供ができたってことの意味も責任もまるでわかってもらえなかった。 
バカだよね私。 
ほんと男を見る目ない。 
子供は結局、私のお腹の中からそのまま天使になっちゃった。 
彼男はね、病院にお見舞いにも来てくれなかった。泣いたよ。泣き明かした。 
天使になっちゃったあの子のために、涙が枯れるまで泣いた。

続きを読む

256: 名無しさん@おーぷん 2016/08/08(月)23:41:52 ID:f2g
先日俺の携帯に届いた元嫁からのジュリメール
件名
○○(元嫁名)です

本文
お元気ですか?
私は貴方を失って初めて貴方の大雪さにきずきました。
貴方が居なくなってからと言うもの、買い物をするにも一苦労
子供を何処に連れて行くにも苦労が絶えません。
もし…一ミリでも貴方の心にわたが残っているならやり直していただけないでしょうか?
お返事いつまでも待っています。

続きを読む

960: 1/3 2015/03/30(月)18:27:10 ID:bJR
以前どこかに投下したことがあるんだけど、おーぷんだったか2ちゃんねるだったか忘れてしまったのでとりあえずこちらに投下。

いびきのひどい向井○似の元彼のせいで自律神経失調・摂食障害・強迫性皮膚摘み取り発症

その後私が別の人とスピード結婚したのを聞きつけてロミメ送信、うちの旦那に返り討ちにあう

ここまでを投下した記憶があります。
その元彼からロミメが、また元彼の婚約者からジュリメが、元彼共通の友人経由で届きました。

続きを読む

874: 名無しさん@おーぷん 2014/12/30(火)01:07:34 ID:qQr
7年前に初めて付き合った女性からメールが来て驚いた。
俺は今年で27歳、彼女は33歳で歳上。
学生時代にバイト先で出会い、俺からアプローチして告白。
5年近く付き合ったが、彼女から「なんか家族みたいにしか思えない」とメールでフられてしまった。
何度か電話やメールしたけど返答はなかった。
高校時代からアドレス変えていないので、少し後悔(電話番号は変わってる)
続きを読む

778: 名無しさん@おーぷん 2014/12/09(火)23:04:17 ID:NFT
別れて一か月。浮気+借金+托卵のアホ嫁からジュリメールが来た。

「最近一気に寒くなりましたね。私の心も寒いです。だって…あなたと別れたから。
本当ならもうすぐ帰ってくるあなたの為に美味しいごはんを作ってお風呂を準備して出迎えているはずなのに。
そう思うと今は地獄のようです。ああ…会いたい。
私はなんと愚かだったのでしょうか。あの日に戻れるのなら離婚届けに印鑑など押さなかったのに。
あの悪魔の紙が私とあなたを引き裂いたのです。そういえば来年に転勤が決まったそうですね。○○ちゃん(俺の同僚で元嫁の従妹)に聞きました。
××県…私も昔から住みたかった国。あなたとならば住めそうです。
今私は実家で南京されています。一日三食の食事を食べて寝るだけの生活。両親がドアを叩いて叫ぶ声ももう限界。
お願い、私と子供を連れだしてください。きっとお腹の子供もあなたに似るはず。A男の遺伝子だけど、生活してれば一体化するでしょ?
私は実家の部屋に居ます。迎えに来たら三回ノックしてください。そうしたらまた幸せな暮らしに戻る魔法がかかるはず」

軟禁?自分で引きこもってて義両親が「働け!」って言ってるだけだろ。
同僚には転勤って言ってるけど実際は転職。県も違う。しかも今年いっぱいだからさっさとおさらばしようと思う。

779: 名無しさん@おーぷん 2014/12/10(水)00:40:02 ID:B11
すごいアホっぷりで楽しめたw
乙ですw
続きを読む

757: 名無しさん@おーぷん 2014/11/09(日)15:43:35 ID:H8Tmqhvad
俺:アラフォー、体ごつい・いかつい・ハゲ
K子:高校時代の同級生・高校卒業後一度も会ってない
文章書きなれてないので読みづらかったらスルーでお願いします。
付き合ったことないのでジュリ未満かもですが、個人的に衝撃的だったので。


4月、実家にK子から封書が届いた。
中には「お久しぶりです。元気ですか?卒業してずいぶん経ちましたね。もしよかったら連絡ください。近況でも語り合いましょう^^」
と、メアドと携帯番号の書かれた絵葉書。
なんか怪しいので無視。
9月下旬、また実家に封書が届く。封筒には差出人の名前はなく、メアドと携帯番号のみ。
中身は「大スキなあなたへ」というA6サイズほどのポエムの絵本(楽天で売ってたのを確認)
裏表紙にメッセージカード「今度久しぶりに帰省するので会いたいです」→面倒くさいので無視。
10月上旬またも封書。ワードかなんかで作った文章。カッコ内は俺の感想。
続きを読む

647: 名無しさん@おーぷん 2014/09/24(水)01:04:44 ID:3jJsSwYjI
結婚を恋愛の延長と思っている女は、結婚した自覚が稀薄だ。

嫁の部屋に転がり込む様に同棲して、結構長いので結婚することにした。
嫁の契約したマンションだったので、家賃折半で光熱費を2万渡して
食費は各自購入、洗濯、掃除、飯は当番制と言う同棲時のルールで入籍後も続けた。

結婚して1年くらい経って、1年限定の地方支社に単身赴任になった。
単身赴任期間はお互いの休みが合わない事もあって、長期休暇時に会うしかなかった。
単身赴任終了し、自宅に戻ると嫁の帰宅時間がかなり遅くなっていて
嫁は自宅で食事を取らなくなっていたので、当番制を止めて自分の事は自分でする様になった。
毎朝、嫁はギリギリまで寝て、俺が作った朝食を食べて出勤して行った。
嫁が毎晩遅い事に違和感を感じて、嫁が寝た後にスマホを調べたら
会社の同僚と浮気していて、浮気相手の嫁が妊娠中で出産したら
積極的に子育てに参加したいからと言う理由で切られようとしていた。
後の調べで実質1ヶ月の不倫で相手の嫁が気づきいて釘刺したと言うところだったらしい。
興信所に依頼して証拠を確保して、弁護士と契約した後、家を出る準備を始めた。
関連会社に出向の希望が受け入れられたので、
マンションを契約して、家電を購入して徐々に荷物を移した。
残した荷物がトランク一つになって、出ていく準備ができたので
出ていく週末に最後の晩餐で、チーズと生ハムでワインをゆっくり楽しんでいた。
いつも嫁は日付が変わらないと帰ってこないのに、その日に限って9時過ぎに
かなり酔っ払って帰ってきた。
続きを読む

635: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)14:18:51 ID:KueHM0IUm
あほから
「世界一好きなあなたへ」
なんで、電話に出てくれないの
なんで、引っ越ししたの
なんで、なんで、なんで

教えてくれなかったの、貯金やマンションの事。
お父さん、お母さんにちゃんとお話してくれたら、私達一緒になれたのに。
あなたの事を傷つけてしまったのに謝る事すら出来ないなんて辛い
です。
お見合いをする事になりました、あなたから迎えに来てくれる事を御待ちしています。

私、専業主婦になるのが夢だから、仕事辞めちゃったんだよ

責任とってよね
続きを読む

このページのトップヘ