修羅場ライフ速報

当ブログは生活全般、修羅場な場面、相談・愚痴など 管理人が気になった話をまとめたサイトです。

仕返し

44: おさかなくわえた名無しさん 2015/05/30(土) 06:47:38.20 ID:TvWTGmmJ.net
定番だがうちの会社の駐車場に
土日に無断で定期的に停めてく車が出てきた
比較的、駅が近いわりに
広くて余裕のある駐車場だったんで狙われたんかな

そこまで邪魔になるわけじゃなかったけど警告しても

音沙汰なしで2ヶ月くらいたつと
さすがに社内でどうにかしようってことになった
続きを読む

404: おさかなくわえた名無しさん 2017/03/07(火) 22:38:43.69 ID:0ZtaLsl0.net
中学のとき、後ろから頭をスパーンと叩かれる事があった。
振り返るとクラスメイトのAが
「あっ、ゴメンゴメン。Bと間違えた。本当に御免なさい!」
とすごく申し訳そうな顔をしてあやまってきた。
実は先日も同じ事があったのだが、確かにBと自分は良く似た
背格好だった事もあり、
「ホント困るわ〜勘違いもいい加減にしろよな〜」
とか言ってその場は許してやった。
続きを読む

59: 名無しさん@おーぷん 2015/10/29(木) 10:49:50 ID:UIT 
性犯罪の出来事が出てくるので注意!
仕返しにもなってないかもしれないが。

私は男嫌い、なんでかっていうと性犯罪の被害者だから。
男が全部そういう犯罪者じゃないって知ってるし、
態度にも出さないが二人っきりになる場面にはならないように
細心の注意を払ってた。
被害にあった状況は仕事場で二人っきりになった時にだから。
続きを読む

387: 名無しの心子知らず 2005/11/12(土) 02:15:43 ID:oY5pBubZ
今日PTAで学校に出向き、 
PTA会長のAさん、あげ足取るタイプの人で本当に皆から嫌われる… 
会合も始まり 
「色々、意見のある方、申し出てください」と言うわりには、
指名して意見を聞こうとし、
毎回、難癖つけて却下する人、それもウダウダいつまでも言う人。
続きを読む

46: 名無しさん@おーぷん 2015/10/28(水) 15:37:42 ID:kDN 
彼氏に浮気された。
相手は高校の同級生で、彼氏あり。
私とは面識ないが、相手は私がメンヘラであることをバカにし、
殺されたらどうしよwwwなんて言ってた。
続きを読む

106: 名無しさん@HOME 2009/04/02(木) 00:53:44 O
旦那の弁当、1円玉、ごま塩丼、生卵と連続してやったら、
さすがに今日は、夕飯の残りを自分で詰めてた。

全部抜いて、代わりに海苔詰めときました。
続きを読む

159: 名無しさん@HOME 2017/02/21(火)22:04:31.20 0.net
義実家というかコウトにしたDQ返し。 
うちの実家が某駅近だったため
うちの裏の空いたスペースに断りなくよく無断駐車してた。 
(うちに来たときここに停めていいよと停めさせてあげたのをきっかけに) 
ナンバーと車種からコウトの車(実家の車)とわかっていたが
面と向かって注意もできず。
半年ほど平日はほぼ毎日停められていた。 
続きを読む

31: 名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木) 01:04:05 ID:kyK 
仕返し、というか後足で砂をかけてやった程度のことだけど
長いこと契約社員で働いていて30歳が近づいたころ、
現状に猛烈にあせって
小さい会社に正社員で転職した。
経営者夫妻とベテラン男性社員、
経理の女性社員のみの会社で、女性社員の退職に伴った
欠員補充の採用だった。
会社の問題点はすぐわかった。
社員を私的な使用人と勘違いしていて、
私用をやらされたり、休みの日でも呼び出して使おうとする。
嫌々従っていたけど、その態度が社長に嫌われているのは感じていた。
ら、解雇を通告された。
続きを読む

46: 名無しさん@おーぷん 2018/02/01(木) 22:13:28 ID:ROV 
社員食堂のない会社でのこと
お弁当持ち経験者ならあるあるだと思うんだけど、
お箸を忘れることがある
私は忘れたとき用にわざわざ割り箸を購入して会社においてた
そのせいか忘れた人がクレクレするように
そのうち調子こいた奴が毎日クレクレするようになり、
私が居ない時には
勝手にデスクをあけて割り箸を持っていくようになった
続きを読む

571: 彼氏いない歴774年 2012/10/31(水) 20:45:30.58 ID:OpCmIK1z
中2のとき軽いいじめに遭っていた 
ある日の休み時間、トイレから戻ったら
私の机と椅子が教室から出されていた 
どうしようもないので黙って
自分の席に戻そうとしたのだが、プークスクスされ何かが切れた 
続きを読む

このページのトップヘ