修羅場ライフ速報

当ブログは生活全般、修羅場な場面、相談・愚痴など 管理人が気になった話をまとめたサイトです。

体験談

1: 名も無き被検体774号+ 2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:QbdaVM6TO
父は会社経営者で普通に妻子持ち
その愛人が私の母で、私は愛人の子だった

海外出張で忙しいから父が普段いないんだと思ってた
びっくりした

続きを読む

328: 名無しさん@おーぷん 23/01/21(土) 13:07:03 ID:AC.gn.L1
修羅場って言うには大げさかもしれないけど。

まだ、中学生だった頃、お正月に親戚一同が集まったときの出来事。
叔父が何か胸が痛いとか言い出した時に、
従姉が「頭は痛くないか」と聞いて
叔父が頭も痛いと言った直後に、
従姉が救急車を呼んで病院に連れて行った。
その従姉は、看護師さんなんだけど、
心筋梗塞の前触れだと思ってそういう対応をしたそうだ。
実際心筋梗塞で倒れる寸前だったみたいで、
とにもかくにも対応が早かったので
ステントをいくつか埋め込みひと月近く入院して大事にはいたらなかった。
その事は強く記憶に残っていた。
続きを読む

256: 名無しさん@おーぷん 23/01/21(土) 18:39:13 ID:F7.vz.L1
俺の青春。
俺の親父と9歳まで一人っ子だった兄は食い尽くし系だった。
親父は肉体労働だから食う量も半端なく、
三人兄弟の末っ子で子供の頃から弱肉強食だったからと
母や姉や俺のことなんか構わず食い尽くす。
それを9歳まで見て育った兄も立派な食い尽くしになった。
母は嫌気がさして父たちと食卓を共にしなくなり、
姉も俺も家族と食事をとるといった習慣がなかった。
だから誰かと食事する幸せみたいなのは微塵も信じてなかった。
続きを読む

763: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/09(金) 15:38:41 ID:I11xJVBT
混んでるってほどじゃないけど、
座席は全部埋まってる電車内にて、
おじいさんが乗ってきたので、偽善者な俺は席を譲った。
おじいさんが
「ありがとう」とお礼を言って座ろうとした瞬間、
近くにいたケバケバしいババアが
「ちょっとー譲るんなら私に譲りなさいよ!」
「海外ならまず女性から席を譲られるの」
「まったく、日本の男はレディーファーストがわかってない!」
とギャアギャア騒ぎだした。 
続きを読む

685 :1:2014/04/02(水) 12:50:56.07 ID:PQMdYxxX
ありがちな痴漢冤罪系の修羅場に遭遇した話

俺は当時学生で、ほぼ毎日が電車通学だった
なので当然他の常連というか顔なじみも出来る。
ちょい派手めなJK集団とかくたびれたおっさんとか、
密かに狙ってた綺麗めの女の子とか。
その常連メンバーの中に、
いつしかイレギュラーな野郎が紛れ込んできた。イケメンだ。
イケメンはその言葉通りイケメンで、
俺はこいつがあまり好きではなかった。
乗ってきた瞬間にJK集団が好奇の目で騒ぎ始めるし、
密かに狙ってた(以下略)がすげー挙動不審になるしで、
男としてもイケメンの存在は全く面白くなかった。
つか嫌いだった。
続きを読む

493: 名無しさん@おーぷん 2018/01/08(月) 14:49:33 ID:5lE 
20代半ばの頃、
のっぴきならない理由で避けられないお見合いをすることになった。
相手は絵に描いたような30代オタク。
写真の時点でウヘァとなり、
その時点からどうやって断ってやろうかしらとしか考えてなかった。
幸いにも会ってみて断るのは自由と言われていたし。

いざ当日。実物は写真よりもアクが強く、よりウヘァ。
挨拶もそこそこに
「あとは若い者同士で…」と引っ込んでいく大人たち。
身の危険を感じながらも
何か話題でも作って断る理由を探そうかと思案していると、
相手の口が先に開いた。
続きを読む

723: おさかなくわえた名無しさん 2018/05/30(水) 11:28:42.58 ID:nkR37tDW
義弟が事故で亡くなったときの事。 

通夜の晩は家族と近しい皆で
葬儀場に泊まる事が決まってたんだけど、 
仮通夜の晩、夫が弟と二人っきりで過ごしたいと言った。 
いくら身内とはいえ、
傷だらけのご遺体と
二人っきりって義両親も「大丈夫か」と心配してた。 
続きを読む

前編へ


505 :以下、VIPがお送りします:2012/01/20(金) 17:37:57.67 ID:8sKTOfsGi
ただいま
寝落ちしてしまってすまん
今からまとめるから待ってくれ

506 :以下、VIPがお送りします:2012/01/20(金) 17:47:16.24 ID:heU38Ymv0
キタ―(゜∀゜)―!!
続きを読む

後編へ


:以下、VIPがお送りします:2012/01/19(木) 23:15:30.82 ID:cMaUpIj5O
今更wwwww

:以下、VIPがお送りします:2012/01/19(木) 23:16:19.69 ID:Exmo6yMN0
そういえばあの日もこんな寒い夜だった
続きを読む

292: 愛と死の名無しさん 2008/12/04(木) 09:40:06
思い出したので書いてみる。
自分の不幸な二次会。

披露宴は滞りなく終わり、二次会に移動。
披露宴に出席してもらった同僚(7歳上だか同期)、
かなり気分が良い様子。
あとで聞いたら、披露宴最中から記憶が無かったらしい。

二次会でも、ウェディングケーキとまではいかないが、
大きいケーキを店に用意して貰っていた。
続きを読む

このページのトップヘ